スポンサーリンク

「着実」と「地道」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「着実」と「地道」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「着実」「地道」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「着実」とは?

「着実」とは、一歩一歩、間違いがなく、危ないところもなく、物事を進めていくことです。

目立つところはないけれど、一歩一歩が確かなことを意味しています。

危険なルートを走ることで考えてみます。

このルートには、崖、藪、池などがあります。

こういった障害を乗り越えていけば速くゴールに着くことができます。

しかし、危険が伴います。

これとは別に進める道があります。

その道は崖や藪などがある道を進むよりも、ゴールに到達するまでに時間がかかってしまいますが、危ないところはありません。

「着実」なのは、後者のルートを進むことです。

危険なものがなく、このルートを進めば間違いなくゴールに着くことができます。

一方、崖などがあるルートを進めば危険で、ゴールにたどり着くか確かなものではありません。

危ないところがない、確実であるという意味を持つ言葉です。

「着実」の使い方

物事の進め方に危ない様子がないことについて使用をします。

派手なところはなく、一歩一歩が確かなことをいいます。

フォロワーを獲得することでいうと、一気に1000人、2000人を獲得できたけれど、その後にフォロワー数が伸びなくなってしまうようなことではありません。

5人、10人と獲得数は少ないけれど、少しずつでもフォロワーが増えていて、その後急に減ったりしないことを指して、この言葉を使用します。

「地道」とは?

「地道」とは、危ないところがなく確かなさまです。

また、派手なところやいい加減なところがないさまです。

プロ野球選手は、いきなりホームランを打てるようになったのではありません。

こうなるまでには、毎日バッティングの練習をするとか、筋トレをするとか、努力をしています。

こういった努力に派手なところはありませんが、ドーピングのような危険性はありません。

危ないところがなく確かな方法です。

また、プロ野球選手はいい加減に練習をしたりはしません。

このようなさまを意味する言葉です。

「地道」の使い方

危ないところがなく確かなさまを指して使用します。

努力、研究、作業など、さまざまなことに使用できます。

「着実」と「地道」の違い

どちらの言葉もほぼ同じ意味です。

危ないところがなく、確かなさまを意味しています。

しかし、やや意味合いが異なり、「着実」は一歩一歩が確かななこと、「地道」はやり方に危ないところがないことを指しています。

「着実」の例文

・『実力は着実に上がってきている』
・『着実に成長している』
・『着実に点数をとる』
・『着実に売り上げが伸びている』

「地道」の例文

・『地道な作業を続ける』
・『地道に練習を頑張る』
・『地道に続けている』
・『地道に研究を続けた甲斐があった』

まとめ

2つの言葉が持つ意味はほぼ同じです。

同じような事柄に使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典