スポンサーリンク

「着実」と「堅実」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「着実」と「堅実」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「着実」「堅実」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「着実」とは?

落ち着いていて、一歩一歩確かで間違いなく進んでいくさまです。

危ないところがないといった意味合いになります。

少しずつでも進んでいくさまを意味しており、後退してしまうことではありません。

ある地域では火災が多く発生していました。

それを心配した人が、火災を減らすための取り組みをしました。

具体的には、見回りをする、注意喚起をするといったことをしました。

これらの活動は派手ではありません。

しかし、この取り組みのおかげで、少しずつではありますが、火災発生件数が減りました。

急激にがくっと数が減ったのではなく、一歩一歩少しずつです。

このさまを「火災発生件数が確実に減っている」ということができます。

「着実」の使い方

派手ではないけれど、確かに進んでいくことを指して使用をします。

発売当初から爆発的に売れる商品があります。

これは、派手な売れ方だといえそうです。

こういったさまではなく、商品の場合でいうと、発売をしてから少しずつではあるものの、売れ行きが伸びていくようなことをいいます。

「堅実」とは?

やり方や考え方が確かで、危ないところがないさまです。

内容が伴っている場合を主にいいます。

投資のことで考えてみます。

投資をやったことがなく、知識がまったくない人が、いきなり投資に手を出しても失敗する可能性があります。

これは、危ないところがあるといえるでしょう。

「着実」とは、こういったさまではありません。

投資をやったことがなくても、書籍やインターネットから情報を得たり、専門家の意見を参考にしたりすれば、投資をして利益を得られる可能性があるかもしれません。

これは、やり方が確かであるといえるでしょう。

しっかり勉強をしていて、危ないところがあまり見られません。

このようなやり方や考え方のことをいいます。

「堅実」の使い方

やり方や考え方について使われることが多いです。

派手ではないけれど、確かなことを指して使用します。

前に進むという意味合いはありませんが、後退することには使用しません。

「着実」と「堅実」の違い

どちらの言葉にも、危ないところがないという意味合いがありますが、使い方にやや違いがあります。

前者の言葉は、一歩一歩確かに進んでいくさまを指して使用をします。

後者の言葉は、やり方や考え方が確かでるさまを指して使用をします。

前に進むという意味合いはありません。

「着実」の例文

・『着実に成長している』

・『着実に売り上げを伸ばしている』

・『ひとつずつ着実にクリアする』

・『焦らず着実に勝利を狙う』

「堅実」の例文

・『堅実なプレーを見せてくれた』

・『堅実な投資計画』

・『堅実な作戦』

・『堅実な生活を送っている』

まとめ

確実なさま、危ないところがないさまという意味を持つ2つの言葉ですが、使い方に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典