「知恵」と「智慧」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「知恵」と「智慧」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「知恵」「智慧」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「知恵」とは?

「知恵(ちえ)」とは、「物事の道理・意味・方法などを判断して、適切に対処していく知的な心の働き」を意味しています。

「知恵」の言葉には、「仕事・実生活などに活用できるアイデアをひらめく直感的な心の働き」という意味合いもあります。

「知恵」というのは、「俗世間の認識・判断・対応・アイデア(ひらめき)を生み出している知的あるいは直感的な心の働き」を意味している言葉なのです。

「智慧」とは?

「智慧(ちえ)」とは、「物事の真理(ありのままの真実の姿)を把握する知的な心の働きと苦悩を消尽する悟り(解脱)につながる精神作用」を意味している仏教用語です。

「智慧」という仏教用語は、「真理・悟り(解脱)につながる究極的な精神作用・心理的な働き」のことを意味しているのです。

「知恵」「現実的な生活・仕事・人間関係に役立つような知性やアイデア」を意味していますが、「智慧」と表記する場合には「仏教における真理の把握あるいは悟りの実践と関連する究極的な知性や精神作用」を意味していることになります。

「知恵」と「智慧」の違い!

「知恵」「智慧」の違いを、分かりやすく解説します。

「知恵」「智慧」はどちらも「ちえ」と読んで「知的な頭の働き」を意味しているという共通点はありますが、「知恵」「一般的に使用されている言葉」「智慧」「真理・悟り(解脱)と関係する仏教用語」であるという違いがあります。

「知恵」というのは「物事を適切に判断して対処していく知的な精神の働き」「仕事・生活などに役立つアイデアをひらめく心の作用」を意味していますが、「智慧」のほうは「物事の真実の姿・真理を明らかにする精神作用+苦悩を超越する悟りに向かう心の働き」を示す仏教用語であるという違いを指摘できるのです。

まとめ

「知恵」「智慧」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「知恵」とは「物事の道理・方法・意味を判断して適切に処理していく知的な心の働き」「有益なアイデア・ひらめきを生み出す心の働き」を意味していて、「智慧」「物事の真理を明らかにして、苦悩を消滅させる悟りを開く心の働き・仏教用語」を意味している違いがあります。

「知恵」「智慧」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典