「知見」と「ノウハウ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「知見」と「ノウハウ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「知見」「ノウハウ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「知見」とは?

「知見」の意味と使い方について紹介します。

「知見」の意味

「知見」「ちけん」と読みます。

意味は「実際に見て知ること」「見聞きして得た知識」「見解や見識」「仏教用語でものごとに対する正しい認識」になります。

「知見」の使い方

「知見」は、自分が実際に見たり聞いたりして知ったことや、得た知識のことを言います。

「知る」「見る」とが組合わさって出来た言葉で、それにより知識を得ることとして使われます。

仏教用語としては、ものごとを正しく認識すること、または知識を得たことにより持つ見解のことという意味になります。

「知見」は、自分が経験して得た知識であり、「勉強して得た知識」「人から教わって得た知識」など、広い意味での「知識」の一部です。

「ノウハウ」とは?

「ノウハウ」の意味と使い方について紹介します。

「ノウハウ」の意味

「ノウハウ」「専門的な技術や蓄積のこと」「貴重な技術の情報や経験で、秘密にされていること」という意味です。

「ノウハウ」の使い方

「ノウハウ」は、ものごとを達成するのに必要な専門知識や技能のことを言います。

英語で、“know how to do”が省略されて日本語化した言葉で、“know”(知る)」“how”(方法)」が組合わさり「いかに何かをするか」という意味で使われています。

ビジネスでよく使われる言葉で、「ものごとの手順や方法」など、専門知識の中でも「基本的な知識や技術」を表します。

「ノウハウ」は自分だけの知識というよりも、「他人に伝えることで役立つ知識」というニュアンスが強くなります。

「知見」と「ノウハウ」の違い!

「知見」「自分が実際に見たり聞いたりして知ったことや、得た知識」です。

「ノウハウ」「ものごとを達成するのに必要な専門知識や技能のこと」です。

まとめ

今回は「知見」「ノウハウ」の違いをお伝えしました。

「知見は経験による知識」「ノウハウは人に教える知識」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典