「知見を広げる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「知見を広げる」

知見を広げるというのは「ちけんをひろげる」と読み、知識や見解を広げる、経験をすることによって自分の価値観を広げる、などという意味があります。

人間は様々なことを経験しながら成長していきますが、経験と同時に様々な知識や見解を身に付けていくことにより、1つの目線ではなく、様々な目線から物事を見ることができる大人へとなっていくのです。

そのことを知見を広げるといいます。

「知見を広げる」の意味

知見を広げるという表現は知識をつける、見解を広げる、経験をする、などと言い換えることができます。

知見を広げることによって多彩なものの見方ができるようになり、例えば海外からどのように思われているのか、他の人から見るとこの行動はどのようなものなのか、などと客観的に物事を考えられるようになります。

客観的に物事が判断できないといつまでたっても一方的な目線しか持てず、偏見に満ちたものの見方をしてしまうことがあります。

広い視野を持つということが重要になります。

「知見を広げる」の言葉の使い方

知見を広げるという言葉は子供たちに対して使うこともできますし、謙遜して使うこともできます。

例えば子供に対して「知見を広げなければいけない」ということもできますし、「今後も知見を広げていきたいと思っております」などと自分のこととして表現することもできます。

もちろん、子供が理解する言葉ではないため、あまり幼い子供に行っても意味はありません。

「知見を広げる」を使った例文・短文(解釈)

それならば知見を広げるという表現はどのように使われるのでしょうか。

ここでは「知見を広げる」という言葉の例文をいくつか紹介します。

「知見を広げる」の例文1

「今後も知見を広げていきたいと思っております」

もしも周りから褒められたりすると嬉しく思いますよね。

しかしだからといって相手の言葉を鵜呑みにして喜ぶのではなく、むしろ「知見を広げていく」という姿勢を見せ、もっと自分に関心を持ってもらいたいと行動することの方が賢いと言えるでしょう。

ビジネスにおいても、何かに成功して褒められたらお礼をいうのは当たり前ですが、同時に「知見を広げる」という言い回しを使い、今後もさらに活躍していきたいと思っていますといった気持ちを表現できると良いですね。

「知見を広げる」の例文2

「あの人は常に知見を広げる努力をしている」

常に様々な視点を身につけ、勉強を続けている人は誰が見ても魅力的です。

周りから見るととても感心できますよね。

常に違う目線に関心を持ち、多彩なものの見方ができる人はビジネスにおいても成功します。

自分に対して高い評価をすることなく、客観的な物の見方を持つことができるからです。

人間は自分のことを客観的に評価できないものですが、自分の言動を見直し、周りからは一体どのように見えるのか冷静に考えることが大切です。

「知見を広げる」の例文3

「ナイチンゲールは周りの人の知見を広げる努力をした」

今でこそ看護という仕事は当たり前になりましたが、ナイチンゲールの時代は看護という仕事は非常に汚いものでした。

特に金持ちの女性がつく仕事ではないと考えられており、どちらかというと貧しい女性が衛生状態もしっかりと守られていない病院で、メイドのような生活をしていたのです。

ナイチンゲールはこのような看護の状態を非常に深い問題だと考えており、クリミア戦争のときには自らの資金で物資を購入し、傷ついた兵士たちの看護に当たりました。

彼女の業績によって看護という仕事が非常に重要な仕事であるとみなされるようになり、彼女は最終的にビクトリア女王から勲章をもらうまでになったのです。

そんなナイチンゲールは周りの人の知見を広げる努力をし、それに成功した人だと言えるでしょう。

「知見を広げる」の例文4

「あの映画は見る人の知見を広げたね」

映画などは監督など様々な人が関わって作られるものですが、見た人に対して「勉強になった」といった見解を与えられるものがたくさんあります。

映画やドラマなどを見た後、「これってこういうことだったんだ」「こういう見方があるんだね」などと思えると嬉しくなりますよね。

監督や脚本家たちはそのような映画の制作を心がけています。

そして視聴者たちに対して違ったものの目線を持たせることができる映画は、確かに視聴者の知見を広げたと言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典