スポンサーリンク

「研究」と「勉強」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「研究」と「勉強」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「研究」「勉強」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「研究」とは?

「研究」というのは何か1つのことを極めるまで探究し続ける事を意味します。

「研究」というのは何か1つテーマを見つけてそれについて徹底的に調べて確かな根拠に基づいて結論を出すまで何度も繰り返し実験を行って、確かな結論を導く事が目的です。

なので、何かについて興味を持ったことでそれはどうしてこのような事になるのかとその1つのテーマに絞って調べ上げる事になります。

「研究」によっては現象を見るために長期間に渡ってただ観察するだけの日々になる事もあります。

「勉強」とは?

「勉強」というのはどういうものかというと、多くの人が学校や塾でやってきた学習を指します。

この「勉強」という行為はどういうものかというと、既に先人が導き出したものを学んでそれを理解する行為になります。

なので、「勉強」というのは何か未知のものに挑戦するものではなく、昔にとっくに結論が出ている事に対してその内容を理解する事を指します。

その既に分かっている事を学んでそれを正しく理解できているかを繰り返し学習をしてその知識を自分のものにできるようにするのが「勉強」という事になります。

「研究」と「勉強」の違い

「研究」「勉強」の違いは学問という点においては同じという事になります。

ですが、「研究」「勉強」では全く異なるものです。

では、どのような点で異なるかというと、「研究」というのはまだ発見されてない未知のものを調べてその一定の結論を出す行為になります。

ですが、「勉強」というのはそうではないです。

「勉強」「研究」とは異なって未知に挑戦するわけではないです。

あくまで既に結論が出ていることを学んでその内容を理解する事が「勉強」になります。

ですから、「研究」「勉強」とでは全くその内容は異なる事になります。

「研究」「勉強」も同じ学問なのであまりその違いについて考えない人もいますが、実際はかなり違うものとなります。

まとめ

「研究」「勉強」も似たようなものと思われがちですが、実際は全くの別物です。

「研究」は自分が興味を持ったことで全くの未知の事に挑戦するというのがありますが、「勉強」はそのような事はないです。

あくまで既に先人が解明していることを講義で聞いてその内容を理解できるまで学習を続けて、どこまでその内容が分かったかを確認するのが「勉強」になります。

なので、「研究」「勉強」ではその内容が全く違います。

また、その内容だけでなく「研究」は自分が何かに興味を持って探究するというのがあるのですが、「勉強」にはそれがないです。

「勉強」は完全に人からやれと言われたことをやっているだけで探究も何もないです。

既に分かっている事を理解するための行為に過ぎないので多くの人が苦手意識を持ってしまうのが「勉強」です。

それに対して「研究」は自分が興味を持ったことに一定の結論を出すという行為なので楽しめる事もあって「勉強」とは違って「研究」は楽しんでやる人が多いというのがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典