スポンサーリンク

「破魔矢」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「破魔矢」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「破魔矢」の意味を分かりやすく説明していきます。

縁起のいい言葉を、おさらいしていきましょう。

スポンサーリンク

「破魔矢」とは?意味

破魔矢(はまや)とは、縁起物の矢のこと。

神社でよく見かける弓矢の飾りです。

多くは開運招福や商売繁盛などの札がついています。

とても縁起がいいので、お正月に神社に初詣したときに買い求める方も多いです。

破魔矢には「魔を打ち破る矢」という意味があります。

魔とは、災いのこと。

生きている間に訪れる、苦しみや疾病をあらわします。

そのため破魔矢を飾っておくと、こうした不運を遠ざけて、良い運をもたらしてくれると言われています。

これからの生活が安泰でありますように、願いを込めたアイテムが破魔矢です。

「破魔矢」の概要

破魔矢はお寺や神社の境内で手に入る、魔除けの矢です。

良い運を命中させるという嬉しい意味合いもあり、縁起物の「矢」がモチーフになっています。

そのため1年の始まりに適していると、お正月飾りのひとつとして親しまれています。

破魔矢は不運を遠ざけるというご利益があるため、邪気がはいりやすい玄関やリビングなど、家の出入り口や中心部に飾ります。

このほか神聖な神棚や、床の間などもおすすめです。

1年ほど飾った破魔矢は神社のお焚き上げなどに出し、年の終わりに新しい物と交換します。

つつがなく1年を過ごせたことに感謝をしながら、新しい年を迎える準備をしていきましょう。

「破魔矢」の言葉の使い方や使われ方

「破魔矢」はこのように用いていきます。

・『新しい年神様がやって来るので、熊手と破魔矢を用意した』
・『混雑を避けるために幸先詣をした。破魔矢を授与してもらった』
・『家内安全を願って、玄関に破魔矢を飾った』
破魔矢は神社やお寺に参拝したシーンで使います。

ちなみに幸先詣とは、12月のうちに新年のお参りを済ませること。

幸先の良いスタートを迎えられるように、前もって神様に挨拶します。

「破魔矢」の類語や言いかえ

「破魔矢」と同じような単語として、次の言葉があります。

・破魔弓
・熊手
破魔弓とは、弓矢がセットになった初正月飾りのこと。

ケースに入ったものが多く、おもに男の子が生まれた家で飾ります。

金屏風が付いているもの、染め羽根があるものなど、煌びやかなセットとなっています。

ちなみに女の子が生まれたお宅では、羽子板飾りという初正月飾りを準備します。

また「破魔矢」と同じく、どこのお宅でも飾れるのが熊手です。

幸せをかき集めるという意味があり、打ち出の小槌や小判の飾りが付いています。

熊手は、商売繁盛や開運招福のご利益があります。

まとめ

「破魔矢」の意味と使い方をおさらいしました。

「破魔矢」とは良いお正月を迎えるための縁起物のひとつです。

神社やお寺でいただく、厄除けの矢をあらわします。

幸運を逃がさないという嬉しい意味もあり、幸せな日々を築くためのお守りとして人気があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典