スポンサーリンク

「礼儀をわきまえる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「礼儀をわきまえる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「礼儀をわきまえる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「礼儀をわきまえる」とは?意味

「礼儀をわきまえる」とは、「社会的ルールとして守るべき行動や作法をよく理解し、心得ている」ことを意味する言葉です。

「礼儀」とは、「社会生活の秩序を維持するために、社会的ルールとして守るべき行動や作法」を意味する言葉であり、「わきまえる」とは、「物事の道理をよく理解し、心得ている」ことを指す言葉です。

従って、この2つの言葉で構成される「礼儀をわきまえる」は、冒頭の意味となるのです。

「礼儀をわきまえる」の概要

社会人として「礼儀をわきまえる」ことは重要です。

これは社会秩序を維持すると共に、人間関係を円滑にするために必要不可欠なものです。

最低限の「礼儀」を守れない人は、社会人として失格の烙印を押されかねません。

社会の中でも、近所付き合いもあれば、会社等の各種組織内での付き合いもあります。

人によっては、付き合いが下手であったり、そもそも人間関係を構築するのが苦手だと言う人おられます。

しかし、例えば近所付き合がほとんどなくても、顔を合わせれば挨拶すると言った最低限の「礼儀をわきまえる」ことは必要であり、付き合いの濃密さと 「礼儀をわきまえる」ことは違う事なのです。

これは、社会人として、しっかり理解しておくことが大切と言えます。

ちなみに、「礼儀」に似た言葉に「礼節」がありますが、この違いについて少し触れておきます。

「礼儀」は先に記載したように「社会生活の秩序を維持するために、社会的ルールとして守るべき行動や作法」で、どちらかと言えば形式的で常識的なマナーを意味し、極端に言えば心がこもっていなくても、繕うことが可能と言えます。

それに対して「礼節」は、「相手のことを心底思い、それが言動に現れていること」を意味し、「礼儀」のように、表面的なものではなく、もっと心の奥底から湧き上がる丁寧な気持ちを、指しているのです。

「礼節」は尊敬する人や、恩を受けた人や、愛する人にしか示せないかも知れませんが、「礼儀」は嫌いな人にでも取る事が出来る基本的なマナーと言えるのです。

以上の「礼節」との対比で、「礼儀」「礼儀をわきまえる」事の意味が、より深く理解できたと思います。

「礼儀をわきまえる」の言葉の使い方や使われ方

「礼儀をわきまえる」は『彼は決して人付き合いが良いとは言えませんが、礼儀をわきまえることはきっちり出来ています。』や『礼儀をわきまえることは、社会人としては最低限必要なことです。』の様に使われます。

「礼儀をわきまえる」の類語や言い換え

「礼儀」の類語としては「マナー」「エチケット」「行儀作法」などが挙げられます。

従って、「礼儀をわきまえる」「マナーを身に付けている」「エチケットを心得ている」「行儀作法を心得ている」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「礼儀をわきまえる」とは、「社会的ルールとして守るべき行動や作法をよく理解し、心得ている」ことを意味する言葉です。

社会人として、人間関係を円滑に進めるために、これは最低限必要な事柄と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典