「社交辞令」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「社交辞令」

この社交辞令は、社会人なら必ず覚えておかないといけません。

それは、その人本人だけでなく、周りまで恥をかくことになってしまうかも知れないからです。

しかし、具体的に何がそれなのかということは、経験を積んでいくうちに分かっていくものです。

これは、人生経験によって身に付いていくものだとも言えるでしょう。

「社交辞令」の意味

社交辞令とは、「相手と円滑な付き合いをする為に交わされる言葉」のことです。

特に挨拶関係に多く、まともに捉える必要はありませんが、それを聞いて悪い気はしないのが特徴と言えるでしょう。

例えば、実際にはその気はなくても、「機会があれば、一緒にゴルフでも行きましょう」などと言うセリフがそれに当たります。

ただし、まともにとられてしまうと面倒なことになるかも知れないので、相手にこれは「社交辞令」だと分かってもらえるように使うのがポイントとなります。

その為には、上の例のように「機会があれば」と最初に付けてみたり、「そのうち」と付けるのもいいでしょう。

社交辞令をきちんと分かっている相手であれば、それとして言っているのだときちんと理解してもらえます。

「社交辞令」の言葉の使い方

社交辞令(この言葉自体ではなく、その意味する内容)は、ビジネスにおいて必要不可欠だとも言えるほど大切なものです。

特に営業職となると、これがうまく使えることがビジネススキルとして求められます。

挨拶や約束として使うだけでなく、服装やセンスなどをさり気なく褒めてみたり、趣味について使ってもいいでしょう。

ですが、あまり見え見えの社交辞令は反って失礼になってしまうこともあるので、そこが難しい部分でもあります。

「社交辞令」を使った例文・短文(解釈)

社交辞令を使った例文や短文です。

すぐにそれだと分かっても、憎めない内容の社交辞令がうまい使い方だと言えるでしょう。

「社交辞令」の例文1

「今度食事に行こうと誘われたけど、どうせ社交辞令だよね」

具体的な日時などを定めずにこのように誘う場合、社交辞令の可能性が高いと言っていいでしょう。

全てがそうとは言えませんが、その後に何もそれについての連絡がなければ、あれは社交辞令だったのだと分かります。

この”今度”も、前述の「機会があれば」「そのうち」と同様に、約束としての社交辞令の際に使われることの多い表現です。

「社交辞令」の例文2

「社交辞令だと分かっていても、若く見えると言われて悪い気はしない」

このような見た目や年齢に対する社交辞令も実際によく使われますが、無理のある内容だと、逆に失礼になるかも知れないので注意してください。

例として、50歳を超えている人に30代にしか見えないなどというセリフは、さすがに社交辞令だとしても言い過ぎです。

「社交辞令」の例文3

「あの人は社交辞令ばかりで、全くつかみ所がない」

いかにも社交辞令だと分かるようなことばかりを言っていると、このように思われてしまう可能性があります。

今度は本当に約束をしたいと思って話した時にも、どうせまた社交辞令だろうと流されるようなことにもなってしまうので、社交辞令もほどほどにしておかないといけません。

「社交辞令」の例文4

「社交辞令だと分からずに、詳しい日程を決めようと連絡してしまった」

今後何かでご一緒しましょうなどと言われて、それが社交辞令だと気付かずに、後で詳しい話をしようとしてしまったという例になります。

社会人としての経験が浅いと、このようなことをしてしまう場合もあるものですが、それもまたいい経験の1つです。

若いうちは、このような失敗と言える経験によって色々なことを覚えていくものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典