スポンサーリンク

「社長」と「代表取締役」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社長」と「代表取締役」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社のトップをあらわす言葉は色々あります。

この記事では、「社長」「代表取締役」の違いを分かりやすく説明していきます。

あやふやな言葉をきっちり覚えていきましょう。

スポンサーリンク

「社長」とは?

社長とは、企業の最高責任者のこと。

いわゆるその会社の、トップの座に君臨している人です。

最高経営者と呼ばれることもあります。

社長の仕事は、会社を動かしていくこと。

どう進んでいくのか目標を決めて、それに見合った人事や資金を準備します。

またトラブルが発生したら、冷静に判断をくだし火消しをおこなっていきます。

大きな船だったら、船長さんにあたる仕事です。

社長は起業するお金と場所があれば、誰でもなれます。

「お金を生み出すアイデア」があれば、億万長者になるのも夢ではありません。

多くのスタッフを養ったり銀行にお金を返したり、平社員とはちがう責任も生まれてきますが、成功すれば誰もがうらやむ華やかな暮らしを手に入れられます。

「代表取締役」とは?

代表取締役とは、法律で定められた企業のトップのこと。

経営や業務にまつわる権限を、もっている人です。

会社法という法律に定められた正式名称になります。

会社法によると、代表取締役とは会社を代表する取締役のこと。

人数に決まりはありません。

そのため会社が認めれば代表取締役は、何人なってもいいことになっています。

一般的には「取締役」と呼ばれる人の中から「代表取締役」を決めていきます。

また代表取締役の権限は、株主総会で決まったことを遂行すること。

そして賃貸借契約や定款の作成、事業計画書の提出などがあります。

代表取締役というポストだけを見ると、とてもかっこよく思えますが、やるべき仕事は細かく決められています。

華やかに見える肩書きの裏で、たゆまない努力をしているのが代表取締役なのです。

「社長」と「代表取締役」の違い

どちらも会社の重要ポストです。

「社長」「代表取締役」の違いを、分かりやすく解説します。

・会社法は「代表取締役」

企業の顔を呼ぶときに、何といえばいいのか迷うことがあります。

「社長」は部長や課長などと同じような、役職をあらわす呼称のひとつ。

実質的な会社のリーダーを「社長」と呼んでいます。

法律には「社長」という明記はないので、どこからどこまでが社長の業務内容なのかは決まっていません。

一方で「代表取締役」は、会社法に載っている正式な名のこと。

日本の法律でさだめられた、その企業の最高責任者のことです。

会社の登記簿にも載せる必要があり、与えられた権限も細かく決まっています。

まとめ

「社長」「代表取締役」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも企業のトップのポジションのこと。

会社法に載っているのが「代表取締役」

会社法に載っていないのが「社長」です。

つよい権限や責任があるのが代表取締役。

実務的なリーダーが社長になります。

どちらも会社の顔として、欠かせない存在です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典