「社長令嬢」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「社長令嬢」とは?

「社長令嬢」という言葉を知っているでしょうか。

最近はそれほど使われる事が無くなった言葉ですので、若い世代の人ほど「社長令嬢」という言葉に親しみが無いかもしれません。

また、ある年齢以上の人なら、「社長令嬢」と聞くと何人かの女性の顔が浮かぶかもしれません。

また「社長令嬢」という言葉を知る事で、身近な誰かが、実は「社長令嬢」だという事に気付く人もいるでしょう。

そこで若い人も知っておきたい、「社長令嬢」の意味や使い方を紹介します。

「社長令嬢」の意味

「社長令嬢」には、「社長の娘」という意味があります。

「社長」は取締役社長などの役職の事で、飲食店などのオーナーという意味もあります。

「令嬢」には、「他人の娘に対して、敬って言う言葉」という意味や、「貴人の娘」という意味があります。

「社長令嬢」の場合は、後者の「貴人の娘」という意味があり、「社長令嬢」には、「社長の娘」という意味があります。

「社長令嬢」の言葉の使い方

「社長令嬢」には「社長の娘」という意味があります。

ただし「令嬢」と、娘の事を敬語表現にしているため、その女性を敬う必要がある場面で「社長令嬢」という言葉を使う事が多くなります。

例えば仕事をしている時に、偶然、社長の娘に会う事があるでしょう。

その時に、一緒にいる人に「あれは社長の娘です」と言うと、社会人としてのマナーが守れていない感じがします。

そこで「あの女性は、『社長令嬢』です」と、敬語表現を加えて表現します。

また、場末の飲食店の娘でも、父親が社長と名乗っていれば、「社長令嬢」と呼ぶ事ができます。

そのため、時には、やや皮肉を込めて「社長令嬢」という言葉を使う事もあります。

「社長令嬢」を使った例文

「社長令嬢」という言葉を使った例文を紹介します。

「社長令嬢」という言葉を使って、どのような文章を作る事ができるでしょうか。

「社長令嬢」の例文1

「Aさんは、会社にいると地味な女性に見える。 しかし、彼女はこの企業を束ねる社長の娘、つまり『社長令嬢』だ。 知られると面倒だという理由から、幹部以外はこの事実を知らない」

この例文のAさんのように、実は会社の後継者になるかもしれない「社長令嬢」が、一般の社員のように働いているケースがあります。

周囲に気を使わせないために、一般の社員のふりをして働いているため、後に気付いた時に、青ざめる社員もいそうです。

「社長令嬢」の例文2

「私の彼女は『社長令嬢』だ。 そのためか、ふとした瞬間に高貴な雰囲気を出す事がある。 ちょっとした身のこなしや、ふとした時に取る姿勢が、普通の女性と違う事がある」

この例文の女性のように、「社長令嬢」ならではの、生まれつきの金持ちならではの雰囲気を醸す女性がいます。

このような瞬間を目の当たりにすると、さすが「社長令嬢」だと感じざるを得ないでしょう。

一般的な「社長令嬢」のイメージ

最後に一般的な「社長令嬢」のイメージを紹介します。

彼女たちに共通するイメージは、どのようなものでしょうか。

「ハイブランドを身に着けている」

「社長令嬢」は、実家にお金があるため、小さな頃からハイブランドの服やバッグなどを見に着けています。

一般的に知れ渡ったブランドでなくても、実はハイブランドだという服やバッグ、靴などを見に着けています。

「習い事が多い」

習い事が多いのも、「社長令嬢」の特徴です。

ピアノやバレエなどの一般的な習い事だけでなく、乗馬やフェンシングなど、普通の子供は習わないような習い事にも手を出しているケースがあります。

「マナーが身に付いている」

「社長令嬢」は、テーブルマナーなどを小さな頃から教わります。

そのため早い段階で、社会マナーが身に付いている女性が多くなります。

育ちの良さを感じる雰囲気は、様々なマナーを身に付けている事に由来するのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典