スポンサーリンク

「社長夫人」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社長夫人」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「社長夫人」の意味を分かりやすく説明していきます。

早速、「社長夫人」の意味から取り上げてみます。

スポンサーリンク

「社長夫人」とは?意味

最初に「社長夫人」の意味をご説明致します。

「社長夫人」(しゃちょうふじん)とは、簡単に書きますと「社長の奥さん」にあたる女性を指しております。

「社長」というのは、企業(会社)の代表取締役のことです。

その社長の妻にあたる女性を敬って表現することを、「社長夫人」ということになります。

「社長夫人」の概要

次は「社長夫人」の概要を解説していきます。

「社長夫人」の概要として、基本的に「夫人」という言葉は、他人の男性の妻にあたる女性を敬っての表現です。

そして、夫にあたる男性が権力者であったり、役職がついている場合で、尚且つその男性が結婚して妻がいる場合に、「●●夫人」と表現することがあります。

社長が結婚している場合は、「社長夫人」となります。

その他、「市長夫人」「院長夫人」などとも表現できるのです。

因みに結婚している男性が、平社員や役職がついていない場合は、「夫人」という言葉を使うことは、まずあり得ません。

まさか「サラリーマン夫人」「土方夫人」などという表現をすることはないからです。

「社長夫人」の言葉の使い方や使われ方

この項目において、「社長夫人」の言葉の使い方や使われ方を取り上げてみましょう。

「社長夫人」という言葉を使う際は、社長の奥さんを敬うときなどに使われますので、使い方の例文を書いていきましょう。

「社長夫人」の使い方
・『私の友達が社長夫人になりました。とても羨ましいです』
・『やはり社長夫人にもなると、非常に気品があり、振る舞いなども洗練されている女性だと感じました』
・『社長夫人にもランクがあると取引先の人から聞きました。零細企業の社長夫人と大手企業の社長夫人では、全然違うらしいです』
・『社長夫人になったと喜んでいたのに、性格の不一致で離婚することになってしまった友達がいるので、励ましてこようと思います』
・『社長夫人兼副社長として、経理の仕事をしたり、書類のやり取りなどをしているのは、従業員から見ていても凄いと思いました』

「社長夫人」の類語や言いかえ

最後に「社長夫人」の類語や言いかえを説明します。

「社長夫人」の類語や言いかえとしては、「社長の奥さん」「社長の奥様」「社長の奥方」などというものがあります。

これらの「奥様」「奥方」という言葉も、他人の妻の女性を敬っての表現となります。

「奥さん」の場合は、少々柔らかい表現であり、意外にも気軽に使える言葉になりますので、使う頻度は高いと考えて良いでしょう。

まとめ

まとめとして、「社長夫人」とは「社長」の妻にあたる女性を、敬って表現するときに使われる言葉となります。

基本的に、男性の方に役職があり尚且つ結婚している場合に、「●●夫人」「●●の奥様」「奥方」などという表現を使うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典