スポンサーリンク

「祖先」と「先祖」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「祖先」と「先祖」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お墓参りをすると、亡くなった方を思い出し切なくなることもあります。

この記事では、「祖先」「先祖」の違いを分かりやすく説明していきます。

日本の美しい言葉を、学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「祖先」とは?

祖先(そせん)とは、大昔に生きていた人のこと。

DNAを辿っていくと、いずれたどり着く人々をあらわしています。

祖先は「祖」「先」という漢字によって、成り立っている熟語です。

「祖」には、1番最初の・第一歩のという「スタート」としての意味合いがあります。

また「先」には「大昔」という訳があります。

つまり現在より、はるか昔に住んでいた人が祖先。

最初に生まれた人・大昔に生きていた動物が祖先です。

使い方としては「日本人の祖先について研究する」「ネコの祖先は1万年前に生きていた」などがあります。

人類や動物のルーツというべき存在が祖先です。

「先祖」とは?

先祖(せんぞ)とは、その家系で代々生きていた人のこと。

家系図を辿っていくと読み取れる、おなじ血筋の人たちです。

先祖は「先」「祖」という漢字から作られた熟語です。

「先」は過去・大昔をあらわす言葉。

そしてこの場合の「祖」には「代々」という訳が当てはまります。

つまり同じ血統をもつ一族の、代々の歴史が「先祖」になります。

自分のご先祖さまが誰なのかは、実家の家系図をしらべていくと分かります。

家系図がない場合は自治体の戸籍を調べてみると、おおよその構図が分かります。

先祖の使い方としては「秋のお彼岸に、ご先祖さまのお墓参りをした」「ご先祖さまのお仏壇にあげる、ぼたもちを買った」そして「家系図作りのため、先祖について調べた」などが挙げられます。

先祖とは父母や祖父母より、もっと前に生きていた人のことです。

「祖先」と「先祖」の違い

どちらも同じ漢字が使われていますが、順序があべこべになっています。

「祖先」「先祖」の違いを、分かりやすく解説します。

・より大きなスケールが「祖先」「祖先」「先祖」はよく似ていますが、意味は少しずつ違います。

「祖先」は、人類の祖先・クジラの祖先のように、進化のプロセスとして用います。

人類や動物の歴史を辿っていったときに、どこかでたどり着く「おおもと」のことです。

それに対して「先祖」は、田中家の先祖・高橋家の先祖のように、それぞれの家で過去に生きていた人をあらわす言葉です。

同じ血を継いでいる人の集団が、ご先祖さまになります。

「祖先」はとても大きなスケールの言葉ですが「先祖」はどんな人にも関わりがある身近な言葉。

生き物の進化をあらわすのが「祖先」

家系のルーツを知るのが「先祖」です。

まとめ

「祖先」「先祖」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも歴史のロマンを知ることができる、深い言葉です。

祖先は進化のみなもとのこと。

人類や動物の始まりです。

対する祖先は、それぞれの家に生きていた人です。

どちらも自分のルーツを知る上で、欠かせない重要な手がかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典