スポンサーリンク

「禅」と「瞑想」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「禅」と「瞑想」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

物事を集中してやりたいと思っている時に用いられるものとしては「禅」「瞑想」が有名です。

どちらも心を落ち着かせる効果があり色々な場所で取り入られていますが、内容は異なるものです。

この記事では、「禅」「瞑想」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「禅」とは?

「禅」とは仏教で用いられる修行の方法であり、心を空っぽにする行為を表す言葉です。

「禅」をすることで心を無にすることで動揺をなくし悟りを得ることが可能になるということで、仏教では基本の修行方法です。

もちろんこれは「禅」をした結果得られるものであり、「禅」をすること自体は心を無にすることが大切なので目的意識を持たずにひたすら「禅」をするのが特徴なのです。

「禅」の種類として有名なものには「座禅」があり、こちらは仏教以外にも色々な人が生活の改善に取り入れています。

曹洞宗の「座禅」は只管打座というひたすらに心を無にして「禅」をすることで有名です。

「瞑想」とは?

「瞑想」とは心を落ち着かせて静かにリラックスする行為であり、これは仏教由来のものとヨガ由来のものがあります。

どちらの場合でも落ち着いた状態で集中することや、何かに対して深く思考するという行為は共通しており、一般人でも簡単にすることが可能なことから最近人気になってきました。

「瞑想」は基本的に静かに座ってやるものですが、これ以外にも色々な「瞑想」方法があります。

集団で念仏を唱えながらする瞑想や、滝行しながらする瞑想、ダンスをしながらする瞑想など幅広いものがあるのが特徴です。

「瞑想」をより現代的なものとして捉えてものには「マインドフルネス」があり、これはビジネス業界で特に人気がある瞑想法です。

「マインドフルネス」は瞑想によって得られる集中力や思考力を自分の生活や仕事に生かすという明確な目的が存在するのが特徴であり、様々な企業が実践として取り入れています。

「禅」と「瞑想」の違い

「禅」の目的は究極的に「禅」をすることのみになり、これによって心を無心にすることから集中を得ることが可能です。

「瞑想」はより集中力を高めたり色々な思考を洗練させることが目的であり、より実践的な方法として「マインドフルネス」が注目されています。

「禅」の例文

・『禅問答を繰り返していくうちに、次第に宇宙のような心になってきた』
・『座禅を取り入れることで雑念を取り払えました』

「瞑想」の例文

・『その僧は深い瞑想を毎日しているから心が穏やかなのだ』
・『瞑想とマインドフルネスはどちらもいい点があるので、両方実践している』

まとめ

「禅」は心を無にすることが大切であり、それ以外の雑念や目的を持つことは基本的にありません。

対して「瞑想」は集中力を高めたりリラックスすることが目的であり、より気軽に生活に取り入れることが可能です。

どちらも座る場所があれば簡単にできるので、始めやすいのは便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典