スポンサーリンク

「私に近づくと火傷するわよ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「私に近づくと火傷するわよ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「私に近づくと火傷するわよ」【わたしにちかづくとやけどするわよ】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「私に近づくと火傷するわよ」とは?

「私に近づくと火傷するわよ」は、そう簡単に声をかけたら遊べるような女ではないという意味が込められています。

暇だからといって、ナンパしてすぐにデートができるだの、エッチができると思ったら間違いであり、遊んだとしても彼女になるほど簡単な女ではないと伝えるわけです。

それだけ軽い女ではなく、真剣な気持ちで付き合わなければ火傷したように怪我するだけで、自分が惨めになるわよと忠告し、気軽に付き合ってもらっては困る気持ちを伝えます。

「私に近づくと火傷するわよ」の概要

自分には男を惑わす危険性があるから、そう簡単に近づいては自分が傷つくだけと伝えるのが「私に近づくと火傷するわよ」の意味になります。

この傷つく理由としては、すでに彼氏がいるとか、結婚しているなど付き合ってもそう簡単には本命になれないということです。

それに、好みではない男性に対して付き合ったとしても本気にはならないだろうし、心変わりが激しい性分なだけに一人の人を深く愛せず、すぐに飽きてしまい、捨てるかもしれないと付き合う前に忠告します。

「私に近づくと火傷するわよ」の使い方や使われ方

数々の恋愛をこなしてきた異性にモテる女性が使うことが多い「私に近づくと火傷するわよ」は、遊んでやってもいいけれど火傷したように怪我するのはあなたの方になるかもと忠告するときに使います。

それだけ自分は恋愛しても本気にはなれないし、遊んで捨てるような女だけど大丈夫かと相手の本気の気持ちに探りを入れるわけです。

このような言葉で相手の心を読む理由には女にモテそうですぐに浮気しそうな男性であったり、いまいち好みではないタイプなど女性が恋愛することに不安を抱くタイプになります。

「私に近づくと火傷するわよ」を使った例文(使用例)

・『私に近づくと火傷するわよは、最初は遊びのつもりだろうけど本気になると男性を惑わす女性が言う台詞だ』
・『簡単に付き合えると思っているようだけど、そんな生半可な気持ちで私に近づくと火傷するわよ』
・『私に近づくと火傷するわよという女性は、わざとそのような言葉を投げかけて相手の気持ちに火をつける』
さまざまなタイプと付き合ってきただけに、男性心理を読み解くのがうまく、あやつるのがうまい女性が使うわけです。

そんな女性は簡単に口説いても私の心は簡単には奪えないから、本気の気持ちでぶつかってきてと伝えるとき「私に近づくと火傷するわよ」と伝えて、相手の気持ちを試すことがあります。

まとめ

恋愛に慣れた女性というのは男性の気持ちを読み解くのもうまく、転がせるため、相手を試すような言葉をさりげなく言えるところがあります。

そんなモテる女性が放つ「私に近づいたら火傷するわよ」と言う人へは誠実で真剣な愛情表現が必要なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典