スポンサーリンク

「秒読みに入る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「秒読みに入る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「秒読みに入る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「秒読みに入る」とは?意味

「秒読みに入る」は、秒読みに入ることでタイムリミットが迫ることを周囲に伝え、タイムリミットがゼロになれば、何かが起きて達するということです。

例えば、ロケットの打ち上げであれば。

「秒読みに入る」でロケットが打ちあがることを周囲に伝え、カウントがゼロになることでロケットは宇宙に上がるという事情を表します。

このなにかが起きるというのは、秒読みを開始する物によって異なり、例えば、離婚の秒読みにおいては、離婚という状況を達成するまでの間の経緯をカウントするということになります。

その為、離婚の場合、実際にあと5秒という具合に時間で離婚の進展度合いを周囲に述べるのではなく、経緯を述べ離婚届けにハンコを押したなど経緯を述べてどうであるかを示すのです。

「秒読みに入る」の概要

「秒読みに入る」はいわばカウントダウンをして、カウントがゼロになれば何かが起きることを期待させるために周囲に対して公表します。

逆を返せば「秒読みに入る」は、周囲が期待することでなければ周囲は興味を持たないため、例えば、芸能人の方の離婚の「秒読みに入る」であれば周囲は芸能人の離婚に対して興味を持ちますが、隣のおばさんの離婚が「秒読みに入る」であれば、周囲は興味を持ったり期待しないが故、「秒読みに入る」という言葉はあまりふさわしくないです。

つまり、「秒読みに入る」は周囲の興味を引く言葉としてとても有効であるが故興味を持ってもらえそうにない物について「秒読みに入る」といったところで周囲は興味を持たないというわけです。

「秒読みに入る」の言葉の使い方や使われ方

「秒読みに入る」はカウントダウンをして周囲に興味を持たせるための手法として使用します。

例を挙げれば芸能人の離婚などがまさに興味を持たせるためにカウントダウンと称して「秒読みに入る」という言葉を使用します。

「秒読みに入る」を使った例文

・『ロケット発射の秒読みに入る』
この例は、周囲に対してロケットが打ちあがることに対して気体や興味を持たせたり事実を述べるために使用します。

「秒読みに入る」は事実を述べる場合にも使用する言葉で、この例の場合はどちらかというと興味を持たせることよりも、事実を述べているのです。

まとめ

「秒読みに入る」は、物事が起きることに対して気体を持たせた言い方をするために使用するケースが多いです。

アイドルや芸能人の離婚の秒読みや破産の秒読み、など周囲が期待したり興味を持つことに対して「秒読みに入る」と言って期待を指せる言葉として使用するのがこの「秒読みに入る」になります。

逆を返せば、周囲が興味を持たない物をカウントダウンしたところで、周囲は関心を寄せませんので「秒読みに入る」は単にそうなるという事実を述べるだけで終わるケースも多く、必ずしもこの表現で皆が皆興味を寄せるというわけではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典