「秘密」と「 隠し事」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「秘密」と「 隠し事」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「秘密」「隠し事」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「秘密」とは?

「秘密」の意味と使い方について紹介します。

「秘密」の意味

「秘密」「ひみつ」と読みます。

意味は、「他人に見せたり教えたりせず、知られない様にすること」「一般的に知られていないこと」「人に知らせたくない奥の手」になります。

「秘密」の使い方

「秘密」には以下の3つの意味があります。

1つ目は「他人に見せたり教えたりせずに、知られない様にすること」という意味で、訊ねられても自分からは明かさない時に使います。

知られたら困ることだけではなく、今の自分とのギャップがあり過ぎて、相手が驚いてしまうので話したくないことや、サプライズなどを仕掛けていて、今は相手に知られたくないことなども含みます。

2つ目は「一般的に知られてないこと」という意味で、「事件の秘密」など、公開されていない情報に使われます。

3つ目は「人に知らせたくない奥の手」という意味で、「成功の秘密」などに使われます。

いずれも共通しているのは「悪いことだけではない」という点です。

「隠し事」とは?

「隠し事」の意味と使い方について紹介します。

「隠し事」の意味

「隠し事」「かくしごと」と読みます。

意味は「他人に知られないようにしているやましいこと」という意味です。

「隠し事」の使い方

「隠し事」は、他人に知られない様にしている事柄という意味で、「秘密」と共通する点があります。

但し、「秘密」には「公開していないこと」「コツや奥の手」という意味がありますので、その点が「隠し事」とは違います。

また、「隠し事」は、人に知られると自分の都合が悪くなる「やましいこと」に使われ、多くの場合は悪いことをした時に人にバレない様に、ごまかしたり隠ぺいする時に使われることがほとんどです。

「秘密」と「隠し事」の違い!

「秘密」「他人に見せたり教えたりせず、知られない様にすること」です。

「隠し事」「他人に知られないようにしているやましいこと」です。

まとめ

今回は「秘密」「隠し事」の違いをお伝えしました。

「秘密は良いこと・悪いこと両方」「隠し事はやましいこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典