スポンサーリンク

「移動販売車」と「キッチンカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「移動販売車」と「キッチンカー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お祭りやイベントなどでよく見る形のお店としては「移動販売車」「キッチンカー」があります。

特にここ最近では起業しやすい仕事として新しい形態の「移動販売車」「キッチンカー」が増えてきました。

この記事では、「移動販売車」「キッチンカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「移動販売車」とは?

「移動販売車」とは通常の小売り店舗のような形態を持たず、移動する車やトラックなどに商品を詰めて販売する形式や車を表す単語です。

いわゆる無店舗販売の形式を取る販売方法であり、機動性の高さから柔軟な商売することが可能です。

「移動販売車」が扱う商品は車やトラックを使うため大きなものは扱えません。

例えば食品類、雑貨、衣料など小さなものを扱っており、商品項目を絞った専門のメニューを揃えているお店も少なくありません。

「移動販売車」はその小回りの良さからお祭りやイベント、住宅街やオフィス街などにも多く出店しており、日常的な商品から個性的なものまで幅広く販売しています。

「キッチンカー」とは?

「キッチンカー」「移動販売車」の一種類であり、特に食品の調理をその場でしてメニューを販売する車を表わす単語です。

昔から日本で馴染み深い屋台も「キッチンカー」の一種類ですが、ここ最近では「ケータリングサービス」「フードトラック」という種類のお店も増えてきました。

「キッチンカー」は車内で調理する形式を取っているので、保健所の営業許可が必要となります。

また食品衛生法に従った設備を配置することが必要であり、衛生管理はしっかりとしないといけません。

「キッチンカー」で扱うものはこれらの条件から比較的簡単なものが多く、ファストフード、弁当、軽食、スイーツなど手軽に食べられるものが多いのが特徴です。

「移動販売車」と「キッチンカー」の違い

「移動販売車」は食品だけではなく、雑貨や衣料などを扱う車であり幅広いものを扱っています。

「キッチンカー」はその場で調理できる簡単な食事やメニューを扱うものであり、その場で食べるスペースは通常ありません。

そのためにテイクアウトのメニューが多く、ここ最近では開業を始める人も増えてきました。

「移動販売車」の例文

・『竿竹屋も移動販売車の一種類であるが、最近ではめっきり見なくなった』

・『雑貨を扱っている移動販売車が珍しく覗いて見ると、とても可愛らしいアクセサリーがあって買ってしまった』

「キッチンカー」の例文

・『最近はケバブやタコスのキッチンカーが増えてきており、辛い物が好きな自分にとっては嬉しいね』

・『オフィス街にできたお弁当のキッチンカーは、メニューが日替わりでありついつい購入してしまう』

まとめ

「キッチンカー」「移動販売車」の一種類であり、ここ最近ではテイクアウトの需要が多く開業する人が増えてきました。

「キッチンカー」は日本の古くからある屋台や最近増えてきたフードトラックなど気軽な値段で美味しいものを食べられるため、多くの人に人気があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典