「空気」と「酸素」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「空気」と「酸素」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「空気」「酸素」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「空気」とは?

「空気(くうき)」とは、「(水中除く)地球上で人間・動物の周りに常に存在している気体」「地球の大気圏の最下層を形成している気体」のことを意味しています。

「空気」という地球上の気体は、「窒素約8割・酸素約2割・微量の二酸化炭素」を成分として構成されていますが、人や動物はこの「空気」がないと生存を維持することができません。

「空気」というのは、「窒素と酸素を主要成分とする地球上の混合気体」のことなのです。

「酸素」とは?

「酸素(さんそ)」とは、「元素記号O・酸素分子はO2で表記される気体(物質)」のことです。

「酸素」「人間をはじめとする動物の呼吸(酸素を吸入して二酸化炭素を排出する)による生存維持」に不可欠なものであり、「酸素」が存在しない空間では人や動物は生きることができません。

また「酸素」には「物質・生命体を酸化させる作用」も持っていて、鉄が酸化鉄になったり細胞が酸化(老化)したりする現象にも関係しています。

「空気」と「酸素」の違い!

「空気」「酸素」の違いを、分かりやすく解説します。

「空気」「酸素」も日常の言葉では、「その気体を吸引しないと人間や動物が生存を維持できないもの」という同じような意味合いで使われますが、「空気」というのは「酸素を含んだ混合気体」であるという違いがあります。

「酸素」とは「元素記号Oで表記され、酸素分子としてはO2で示される気体」のことで、複数の気体が混じっている「空気」「約20%」を占めているものになります。

地球上の自然環境には純粋な「酸素」のみの気体は存在せず、人間・動物は「窒素約8割・酸素約2割・微量の二酸化炭素を主要成分とする空気」を吸入して生きているという違いを指摘できます。

まとめ

「空気」「酸素」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「空気」とは「地球上で人間の周りに常に存在する酸素を含む気体・窒素約8割、酸素約2割、微量の二酸化炭素を成分とする気体」を意味していて、「酸素」「地球上の空気を構成している酸素の成分の一つ・元素記号Oで表記され、人間(動物)の生存に不可欠なもの」を意味している違いがあります。

「空気」「酸素」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典