スポンサーリンク

「空港」と「飛行場」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「空港」と「飛行場」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「空港」「飛行場」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「空港」とは?

航空機の離着陸に使用される公共の施設です。

この施設は、旅客や貨物などを運ぶ航空機が主に利用するものです。

海外に旅行をするときの移動手段には、飛行機や船舶があります。

飛行機を利用するときに「空港」を訪れることになります。

旅客が利用する飛行機は、ここから飛び立ち、ここに降り立ちます。

飛行機といってもいろいろな種類がありますが、旅客が利用するものの全長は60mほどあります。

このような大きなものが留まるためには、それなりの広さの場所が必要です。

また、飛行機の離着陸の際、人間がジャンプするようにはいかず、やや距離を進むため、あるていどの広さがなければなりません。

そのため、「空港」という特別な場所が必要です。

また、安全上のことを考えても特別にその場所を用意する必要があります。

日本には、「羽田空港」「成田空港」「那覇空港」「福岡空港」などがあります。

「空港」の使い方

航空機が離着陸する場所のことです。

公共の場だけを指して使用します。

一般に人が利用をしたり、貨物の輸送に使われたりしています。

「飛行場」とは?

航空機が離着陸をするための施設です。

この施設には、公共のもの、軍事用のもの、民間のものなどが含まれます。

公共の施設は、旅客や貨物を輸送する航空機が利用をするところです。

軍事用のものは、軍用機が利用をします。

日本にかつて存在していたものには、伊那飛行場や泡瀬飛行場があります。

民間のものは、公共のために利用されることもあれば、そうでない場合もあります。

どのようなものであれ、滑走路、着陸帯、過走帯、誘導路、エプロンといった基本的な施設を備えています。

航空機が離着陸する場所の地面は、コンクリート、土、草地、砂利などさまざまです。

「飛行場」の使い方

航空機の離着陸に使用される施設をいいます。

公共のもの、民間のもの、軍用のものがあります。

「空港」と「飛行場」の違い

どちらも航空機の離着陸のための施設です。

「飛行場」は、公共、軍用、民間など、さまざまなものを含みます。

「空港」は公共の施設です。

旅客が利用をしたり、貨物の運搬に利用したりされています。

海外に旅行をするときに使用するのは、この施設です。

どちらの施設も、基本的な設備は同じで、滑走路や誘導路などを備えています。

「空港」の例文

・『空港を見学する』
・『空港で清掃員として働いている』
・『予定時間よりも早く空港に到着した』
・『空港で友人を迎える』

「飛行場」の例文

・『近所に飛行場があって音が気になる』
・『米軍が使用している飛行場』
・『新たに飛行場を建設する予定がある』
・『飛行場を閉鎖することになった』

まとめ

どちらの施設も同じような用途で使用される施設なのですが、公共のものなのか、軍用や民間のものも含むのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典