「突き止める」と「突き詰める」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「突き止める」と「突き詰める」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「突き止める」「突き詰める」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「突き止める」とは?

「突き止める」とは、不明な点をよく調べてはっきりさせることという意味があります。

人の居場所、物事の真相など調べ出すことに使います。

「地道に尾行し、浮気している現場を突き止める」「体調不良の原因を突き止める」などと、使います。

「突き詰める」とは?

「突き詰める」とは、物事を表面的ではなく、徹底的に深く掘り下げて考えたり、調べることを言います。

また一つのことだけを思い込む、思い詰めるといった意味もあります。

「この問題は流さず、とことん突き詰める必要がある」「突き詰めると、結局縁を切るより他の方法はないということになります」などと、使います。

「突き止める」と「突き詰める」の違い!

「突き止める」「突き詰める」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は意味がまったく違いますので混同しないように気をつけてください。

「突き止める」は、調べてはっきりさせるという意味になります。

人を探し出す、原因を判明させるといった時に使います。

一方の「突き詰める」とは徹底的に考える、調べるといった時に使います。

また、思い込みが強い、思い詰めるという意味でも使うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「突き止める」「突き詰める」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれ、別の意味を持つ言葉ですので正しく理解し、混同しないように気をつけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典