「立ち行かない」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「立ち行かない」

立ち行かないという表現はカ行5段活用の動詞「立ち行く」の未然形である「立ち行か」に打ち消しの助動詞である「ない」がついた形になります。

他地区という表現は商売や暮らしが成り立つ、時が過ぎてゆく、あるいは旅立つ、という意味があります。

「立ち行かない」の意味

立ち行かないという表現は打ち消しの表現ですので、商売や暮らしが成り立たない、という意味を持ちます。

例えば商売が立ち行かない、生活が立ち行かない、といった使い方ができるのです。

「立ち行かない」の言葉の使い方

立ち行かないという表現は生活が成り立たなくなること、物事を解決するための手段が失われる事を指しており、例えば食べていけなくなる、生活ができなくなる、その日食べるものに困るようになる、生活の糧を失う、万策尽きる、術がなくなる、などといった類義語があります。

「立ち行かない」の例文・短文(解釈)

それならば、立ち行かないという表現を使うとどのような文章ができあがるのでしょうか。

ここでは立ち行かないという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「立ち行かない」の例文1

「経済の悪化によってお店が立ち行かなくなり、閉店せざるをえなくなってしまった」

脱サラして自分たちでビジネスを始めたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、自営業というものは経済の影響を受け易く、商売は決して簡単なものではありません。

商品等には常に変化を与えていかなければいけませんし、お客さんが遠のいてしまったら新たなお客さんを集めること自体が困難になります。

そのため、経済の悪化によってお店を閉店しなければならなくなる、お店が成り立たなくなる、という事は十分にあり得る話なのです。

「立ち行かない」の例文2

「あそこはご主人がリストラされ、生活が立ち行かなくなったみたいよ、気の毒だよね」

リーマンショックなどを受け、リストラされる人が増えました。

たとえ大企業であったとしてもいきなり雇用を切られてしまうという人も増え、家庭に大きな衝撃を与えた人もいる事でしょう。

奥さんが働いていれば良いですが、奥さんが専業主婦だった場合は家庭に収入が入らなくなってしまい、なかなか再就職ができなければさらに金銭的な問題が襲ってきます。

そうなってしまうと貯金を切り崩しなければならなくなったりして生活が成り立たなくなることもあるかもしれません。

「立ち行かない」の例文3

「あそこのお宅は生活が立ち行かなくなったけれど、奥さんが自力でお金を稼いで子供を育てたみたいよ」

リストラや離婚などにより、家庭の事情が大きく変わってしまう事は誰にでもあり得る話です。

それによって収入がなくなってしまえば、残された家族は生活に困ることになります。

しかしだからといって収入がないままで指をくわえて待っているわけにはいきません。

なんとかお金を稼ぐ術を見つけ、生活を立て直すことが大切です。

特に子供がいる女性は強いのです。

たとえ不可能に見えたとしても、子供を持つ女性は仕事を見つけ、収入を得られるでしょう。

「立ち行かない」の例文4

「この給料では生活が立ち行かないよ、副業でもしなければ」

最近は経済の悪化により、給料がなかなか伸びないと悩む人も多いのではないでしょうか。

数万円収入が上がれば良いのですが、最近では何年働いても給料が変わらないという事は珍しくありません。

ボーナスも期待できませんし、生活が厳しくなりつつあります。

税金は高くなる、収入は減る、このままでは生活が立ち行かない、と悩む人も多いのではないでしょうか。

さらに追い打ちをかけるように年金の額も減りつつありますので、出来る限り貯金をしていくことが重要です。

老後の自分の面倒は自分で見なければいけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典