スポンサーリンク

「笑顔」と「ニヤニヤ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「笑顔」と「ニヤニヤ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「笑顔」「ニヤニヤ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「笑顔」とは?

笑い顔と書いて、「笑顔」

にこにこと笑った顔を意味し、何か面白いことや楽しいこと、嬉しいこと、微笑ましいことなどがあった際、自然と人間の顔に表れる表情が「笑顔」です。

もちろん、周りの状況に合わせ無理に作る「笑顔」もあります。

自分自身が「笑顔」になることで、また、周りの人を「笑顔」することで、人間は幸せな気持ちになることができます。

「笑顔」を別の言葉で言い換えると、「ほほ笑み」「にこやかな顔」「笑み」「スマイル」「ニコニコ顔」などとなります。

また、対義語は「泣き顔」です。

「笑顔」の使い方

「笑顔」の場合、「笑顔になる」「笑顔にする」「笑顔を見せる」「笑顔で答える」「笑顔を届ける」など、様々な表現方法があります。

また、「作り笑顔」「子供の笑顔」「元気な笑顔」「笑顔いっぱい」などといった言葉もたくさんあります。

「ニヤニヤ」とは?

声を出すこともなく薄ら笑いを浮かべることを意味する「ニヤニヤ」

ほくそ笑むような表情で、人を馬鹿にしているようにも見える、そんな表情を指す言葉です。

そのため、「ニヤニヤ」は人を不快にさせるだけではなく、陰湿で暗く、悪いイメージを持つものとなります。

このようなイメージから、決して良い意味として「ニヤニヤ」を用いることはありません。

「ニヤニヤ」の使い方

「ニヤニヤ」の場合、「ニヤニヤする」「ニヤニヤと笑う」「ニヤニヤし始める」「ニヤニヤと笑いながら」などといった表現方法があります。

また、「ニヤニヤ顔」「ニヤニヤ笑い」などといった言葉もあります。

「笑顔」と「ニヤニヤ」の違い

同じ顔の表情を意味する言葉ですが、これらの言葉が相手に与える感情には大きな違いがあります。

「笑顔」は人を幸せにする力がありますが、「ニヤニヤ」は人を恐怖や不快にするものとなります。

「笑顔」は、楽しいことや面白いことなどがあった時、自然と発生する顔の表情で良いイメージに対し「ニヤニヤ」は、暗く悪いイメージのもとなります。

「笑顔」の例文

・『笑顔が素敵な彼女に魅かれました。』

・『私の仕事はサービス業です。笑顔を絶やさずお客様に接することを心掛けています。』

・『子供たちの笑顔を見ると、仕事で辛かったことも吹っ飛びます。』

・『私は、あなたの笑顔に救われました。』

「ニヤニヤ」の例文

・『突然、ニヤニヤした顔で見知らぬ男性が近づいて来たので、慌てて走って逃げました。』

・『私のことを陰からニヤニヤ笑いながら見ている男性がいます。』

・『電話の向こうで、ニヤニヤした顔で私の話を聞いている彼の姿が目に浮かびます。』

・『あなたの、そのニヤニヤ顔は直したほうが良いです。』

まとめ

以上のように「笑顔」「ニヤニヤ」には、全く異なった意味があるため、決して使い方を間違えることなく適した使い分けが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典