スポンサーリンク

「筆を執る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「筆を執る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文章を読んでいると、知らない言い回しが出てくることもあります。

この記事では、「筆を執る」の意味を分かりやすく説明していきます。

色々な語句を知って、知見をひろげていきましょう。

スポンサーリンク

「筆を執る」とは?意味

筆を執る(ふでをとる)とは、文章を書くこと。

小説やシナリオ、書道などの作品を仕上げることです。

ある程度のまとまった文を執筆する作業を「筆を執る」といっています。

「筆を執る」には「筆」という、少し高尚な言葉がつかわれています。

筆とは、書道でつかわれる書道筆のこと。

半紙に文字をしたためるときには、筆置きにならんでいる筆から、好みの筆をえらぶ作業が必要になってきます。

この「筆をとる行為」から生まれたものが「筆を執る」

筆置きから筆をとると、スムーズに文字が生まれていきます。

文字がいくつか連なると、完成していくのが小説や随筆、そして書画です。

「文を書く」をより深い言葉に味付けしたものが「筆を執る」になります。

「筆を執る」の概要

「筆を執る」は平安時代に和筆をつかい和歌を詠んでいたことから、自然に生まれた言葉です。

パソコンやタブレットが当たり前になった現代では、筆を執らなくても、いくらでも文章はつくれます。

「メッセージを送る」「文をアップする」だと月並みな言葉に聞こえてしまいますが「筆を執る」だと、いかにも有名な作家になれたような誇らしい気持ちになれます。

誰でも一瞬でプロ気分を味わえるのが「筆を執る」です。

「筆を執る」の言葉の使い方や使われ方

「筆を執る」はこのように使います。

・お世話になった先生に、お礼を伝えたくて筆を執った。
・スランプに陥っているのか、思うように筆を執れない。
「今日までいくつか筆を執る機会はあったのですが、なかなかご挨拶できず申し訳ありません」
筆を執るはお礼状を書くとき、作品を作るとき、執筆活動を始めるときに使います。

また筆不精であったことをお詫びする一文として「筆を執れず、申し訳ありません」としたためることもあります。

色々なシーンで用いることができる、美しい日本語です。

「筆を執る」の類語や言いかえ

「筆を執る」と同じような言い方には、次のようなフレーズもあります。

・ペンをとる
・執筆する
・手紙を書く
・一筆したためる
「筆を執る」と似ている言い回しが「ペンをとる」になります。

筆を執ると同じく、手紙や文章をしたためることです。

筆もペンも例えの表現になるので、例えパソコンで文字を打ったとしても「筆を執る」「ペンをとる」と言いあらわせます。

まとめ

「筆を執る」の意味や使い方をあらためてチェックしました。

「筆を執る」とは執筆をおこなうこと。

小説や文章、俳句などの文をつくることです。

筆置きから筆をとる作業になぞらえて、生まれた言葉になります。

「ペンは剣よりも強し」ということわざにもある通り、口に出した言葉よりも、はるかに重みがあるのが文章です。

いい筆の執り方をして、いい人生を過ごしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典