スポンサーリンク

「箇条書き」と「文章」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「箇条書き」と「文章」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「箇条書き」「文章」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「箇条書き」とは?

「箇条書き」とは、文字による表現方法のひとつで、需要で伝えたいいくつかの項目を、一つ一つ分けて短文等で書き並べる方法を指す用語です。

例えば小学生の遠足に関して、父兄にその内容を連絡するのを箇条書きにすると以下の様になります。

『遠足日:10月1日
行先:神奈川県鎌倉市方面
移動手段:貸切バス
集合場所:○○小学校の各教室
集合時間:AM8:45(9時出発)
弁当、水筒:各自持参
おやつ:300円まで
帰校予定時間:PM4:00
備考:雨天の場合は中止(連絡網で8:30までに連 絡) 』
の様にポイントを記載するものです。

要点を間違いなく伝える連絡文としては最適ですが、淡白で味気ない表現となるため、一般の手紙文等には不向きと言えます。

「文章」とは?

「文章」とは、文を連ねて、まとまった話題・思想・感情を表現したものを指す言葉です。

主に散文を言う。

文法上は、文よりも大きな単位を指すもので、一文だけのこともあるが、通常はいくつかの文が集まって、まとまった思想・話題を表現するものです。

先の箇条書きの例を、文章表現すれば 『遠足は10月1日に神奈川県鎌倉方面を観光バス利用で行います。

集合場所は小学校の各教室で、集合時間はAM8:45です。

出発は9:00予定につき、遅れないように送り出してください。

弁当・水筒は各自持参にてお願いします。

なを、おやつは300円までとします。

学校に来着する予定はPM 4:00 ですが、お迎えは必要ありません。

また雨天の場合には中止とし、連絡網を使って8:30までに連絡させて頂きます。』と言った表現になります。

「箇条書き」と「文章」の違い

「箇条書き」とは、文字による表現方法のひとつで、需要で伝えたいいくつかの項目を、一つ一つ分けて短文等で書き並べる方法を指す用語です。

一方の「文章」とは、文を連ねて、まとまった話題・思想・感情を表現したものを指す言葉で、文法上は、文よりも大きな単位を指すもので、一文だけのこともあるが、通常はいくつかの文が集まって、構成されます。

同じ文字を使って表現するものですが、一般的に「箇条書き」はプレゼンの骨子や連絡書等の端的に伝え内容を浮き彫りにする必要がある場合に使用します。

一方の「文章」は、各種の手紙や文書やレポートや小説・随筆等の文学等で使用されるのが一般的ですが、文書やレポート等においては、「文章」の中に「箇条書き」を織り込んで、エッセンスを伝えやすくする場合もあります。

「箇条書き」はポイントを漏れなく羅列するのに適していますが、表現方法としては淡白で飾り気がないと言う欠点もあります。

一方の「文章」は情感表現や複雑な説明等には必要なものですが、上手に作成しないと、ポイントがボケたり、抜け落ちたりする危険性があると言え、この点には注意が必要です。

「箇条書き」「文章」の両表現方法を訓練し、必要に応じて使い分けや. 「文章」の中の一部に「箇条書き」を織り込むと言った事が自在にできるようになりたいものです。

まとめ

「箇条書き」とは、文字による表現方法のひとつで、需要で伝えたいいくつかの項目を、一つ一つ分けて短文等で書き並べる方法を指す用語です。

一方の「文章」とは、文を連ねて、まとまった話題・思想・感情を表現したものを指す言葉です。

両言葉は、同じ文字を使った表現でも、その形式が異なるものです。

「箇条書き」はポイントを漏れなく簡潔に羅列するのに適していますが、表現方法としては淡白で飾り気がないと言う欠点もあります。

一方の「文章」は情感表現や複雑な説明等には必要なものですが、上手に作成しないと、ポイントがボケたり、抜け落ちたりする危険性があり注意が必要です。

両方のメリット・デメリットを理解し、使い分けたり、「文章」内の一部に「箇条書き」を挿入する等の方法を身につけたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典