スポンサーリンク

「管理」と「マネジメント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「管理」と「マネジメント」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

組織や団体でもトップクラスの人々がする仕事は他の一般的な人々は違うものとなっています。

中でも「管理」「マネジメント」のように組織や団体の全体をコントロールする大掛かりなものが多く、それぞれ特徴的なものが多くなっています。

この記事では、「管理」「マネジメント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「管理」とは?

「管理」とはある対象や物事がよくなるように制御や統制することであり、これは規格やルールの沿って行われることが多いのが特徴です。

「管理」は英語で“control”または“management”と書きますが、前者は組織や団体以外の人でも使うことが可能ですし、後者は特に会社や機関など大きな組織の人が行うことが多くなります。

「管理職」という言葉が日本にはありますが、こちらは責任のある立場の人が組織や団体の全体を統制することが多く、リーダーシップを発揮することにより仕事が円滑に進みます。

統制するという面は基準や規格を守ることであり、これから外れないように指導や維持するのも「管理」となります。

「マネジメント」とは?

「マネジメント」は元々英語の“management”がカタカナとなったものであり、日本では「管理」と一緒のものと見なされることが多いのが特徴です。

しかし元々の英語の意味としては、「管理」だけではなく経営を含めた統合的な運営することであり、成果や結果を最大限に引き出すことを示します。

「マネジメント」の理論でよく使われるのが資源やリソースの活用と、リスク「管理」という言葉であり、これらは様々な本やビジネス本で取り上げられています。

より具体的な方法論を示すのが「マネジメント」の仕事であり、リーダーシップとして理念や指針を示すような抽象的な仕事とは違うものとして区別されます。

「管理」と「マネジメント」の違い

「管理」は主に制御や統制することであり、こちらは人間に対する行為の制限やコントロールを含むことが多いのが特徴です。

「マネジメント」はリソースの活用とリスク管理を主に行うことであり、成果が最大になるよう具体的な行為を示すことを意味します。

「管理」の例文

・『古い管理職が幅を利かせてきた日本の企業は、今は世界で通用しなくなってきている』
・『管理職の立場は常に社員に気を使わないといけないが、円滑な仕事のためにも必要な立場なので頑張りたい』

「マネジメント」の例文

・『マネジメントの成功例がいくつも掲載された本を読み勉強した』
・『資源の有効活用とリスク管理は常にマネジメントの核として意識されるものである』

まとめ

「管理」は人心掌握など人間中心の統制を重視することが多く、「マネジメント」は資源とリスクのコントロールを中心に行うことが特徴です。

「マネジメント」には色々な論がありますが、最近ではドラッカーの理論が日本でも有名になり、様々な企業や組織で実践されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典