スポンサーリンク

「節税」と「脱税」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「節税」と「脱税」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「節税」「脱税」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「節税」の方から、取り上げていきます。

スポンサーリンク

「節税」とは?

最初に「節税」(せつぜい)の意味をご説明致します。

「節税」とは各種控除制度を活用し、払う税金の金額を安くすることです。

「脱税」とは?

次に「脱税」(だつぜい)の意味を解説していきます。

「脱税」の場合は、本来ならば納めるべき税金を敢えて申告しないことです。

脱税規模は会社によって、様々となります。

「節税」と「脱税」の違いとは?

この項目においては、「節税」「脱税」の違いを取り上げてみましょう。

「節税」とは税金関係の各種控除を使って、払う税金を軽くすることです。

一方で「脱税」の場合は納税の義務ある人間が、わざと税金に関して申告せずに納付しないことになります。

「節税」と「脱税」の使い方の違い

ここでは「節税」「脱税」の使い方の違いを説明します。

「節税」を使う場合は、払う税金を安くするために、控除制度活用するときなどに使うことが多いのです。

また「脱税」を使うときは、納めるべき税金に関して何割かを申告しないことや、全額申告しないことを表すときに使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方
「税金を支払うのならば、節税して支払ったほうが得である」
「どの会社も節税して、運営しているはずである」
後者の使い方
「脱税の噂があるのだが、中々警察は証拠を掴めずにいるらしい」
「脱税することは法律違反です」

「節税」を使った例文

それでは「節税」を使った例文を書いていきます。

・『会社の各部署は、節税対策している』 ・『節税することで支払う税金は、かなり安くなると社長がいっていた』
・『節税するには各種控除制度を活用する必要があります』
・『友達が社長になったのだが、節税の仕方が分からないと悩んでいる』
・『節税するには書籍などで、勉強することも大切だと思います』

「脱税」を使った例文

最後の項目において、「脱税」を使った例文を書きます。

・『脱税してもふてぶてしい態度を取る輩も、存在するらしいのです』
・『脱税を認めれば、追徴課税で済むこともあります』
・『行き過ぎた脱税のやり方や金額によっては、逮捕もあり得るので、皆さんは絶対に脱税だけはしないようにしてください』
・『うちの会社は脱税をしているようなので、何とか証拠を掴んで内部告発をしようと思っております』
・『脱税するのは会社の上役であって、従業員は被害者である』

まとめ

まとめとして「節税」とは、納める税金を安くするために税金関係の各種控除制度を、活用して支払う税金の負担を軽くすることです。

そして「脱税」の場合は、本来ならば納めるべき税金に関して、一部または全額を敢えて申告しないことを指しております。

因みに「脱税」が明るみになった場合は、追徴課税処分または刑事告訴され逮捕される場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典