スポンサーリンク

「簡潔にまとめる」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「簡潔にまとめる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「簡潔にまとめる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「簡潔にまとめる」とは?意味

「簡潔にまとめる」「簡潔」は、「簡単で要領を得ているさまや、手短ではっきりしているさま」を意味する言葉です。

従って、「簡潔にまとめる」の意味は、「簡単で要領を得た文章等にまとめること」を指します。

「簡潔にまとめる」の概要

「簡潔にまとめる」ことは、様々なシチュエーションで求められるものです。

言葉の意味からは少し離れますが、この「簡潔にまとめる」ためのポイントについて少し触れておきます。

まず、だらだらと長い文章表現をされると読む気も起こりませんし、仮に我慢して読んだとしても、頭に整理された状態で入って来ず、結局何を言いたいのか分からないと言った結果になりかねません。

従って「簡潔にまとめる」ためには、重複を避け、回りくどい表現や蛇足を廃し、可能な限り短い文章とする事がポイントです。

しかし、長い文章を避けるだけでなく、「簡潔」のもうひとつの本質である、言いたい事が漏らさず入っている事も大切です。

その2つを両立させるためには、まとめるべき文章や言いたいことのエッセンスを箇条書きにして、それらが過不足なく、織り込まれている様にするのが第1のコツと言えます。

内容的には、以上にのようにエッセンスを整理し、次にそれをどの様にまとめれば、相手により伝わりやすいかを、シチュエーションに合わせてまとめるのが第2のコツと言えます。

箇条書きで良い場合もあれば、起承転結がはっきりした文章としてまとめたり、プレゼン資料の場合には、起承転結の順番を変えて、まず結論をトップに持って来て関心を引くと言った工夫をすると良いでしょう。

以上の様に、「簡潔にまとめる」のは、まとめるべき長文の述べている事や、自分の意見や主張を過不足なく、相手に正しく理解してもらうための作業です。

従って織り込むべきポイントを明確化し、それをシチュエーションに応じてまとめるという2つのステップで考えると「簡潔にまとめる」作業を比較的容易に出来るのです。

「簡潔にまとめる」の言葉の使い方や使われ方

「簡潔にまとめる」と言う言葉は、『君の出張報告は、いつもダラダラと書かれていて内容が伝わりにくい!もっと簡潔にまとめる訓練をすべきです。』や『社長へのプレゼンは、極力簡潔にまとめるべきです。忙しいのでダラダラした内容では聞いてももらえないよ。』の様に使われます。

「簡潔にまとめる」の類語や言い換え

「簡潔」の類語としては、『簡単明瞭』や『端的』などが挙げられ、「簡潔にまとめる」の言い換えとしては、『簡単明瞭にまとめる』や『端的にまとめる』などが適切と言えます。

まとめ

「簡潔にまとめる」の意味は、「簡単で要領を得た文章等にまとめること」を指します。

こうしたまとめを行うコツとしては、織り込むべきポイントを明確化し、それをシチュエーションに応じてまとめるという2つのステップで考えると良いと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典