「粗雑な対応」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「粗雑な対応」

人はそれぞれ性格があり、それは行動にも表されます。

細かく丁寧に対応してくれる人もいれば、雑に扱ったり不十分な状態のまま進めようとするなど様々です。

若いころはそれでも大目に見てもらえたり、許してもらうことも可能です。

しかし学生のころと比べて社会人になると、周囲からの目や評価はどんどん厳しくなります。

多少は大目に見てもらえてもあまりにそれが続くと「粗雑な対応」と判断されかねません。

また「あの人は粗雑な対応をする」と言われると信用にも関わってきます。

自分に使われないように・他社にも使わなくて済むように、「粗雑な対応」という言葉を理解しておかなくてはなりません。

「粗雑な対応」の意味

「粗雑な対応」という言葉の意味として、物事を適当にこなしたり、十分に行き届いていない状態で対応するといった意味になります。

「粗雑」とは元々細かいところにまで注意が行き届いていない・粗くいい加減と言った意味を持ちます。

それに「対応」という言葉が続くことで、悪い意味で不十分さがある対応となります。

そのため、相手の行動・態度などを見て悪い評価を下すという意味も含まれています。

そして「対応」の多くは日常的・習慣の中で見ているものとしています。

そのため一回きりの対応ではなく、繰り返される中で判断したというニュアンスも持ちます。

「粗雑な対応」の言葉の使い方

「粗雑な対応」という言葉を使う際、多くは自己ではなく他者の行動に対して使います。

相手がとっている行動を見てそれに対しての評価を伝える際、マイナスイメージを含めて「粗雑な対応」と用いて伝えます。

しかし直接相手に対して使う際、失礼に当たることもあります。

そのため相手と自分との関係性には注意が必要です。

また相手の周りで使う際も、悪口と捉えかねないため具体的に何が粗雑な対応なのかをしっかりと伝えたうえで使うことが必要です。

「粗雑な対応」を使った例文・短文(解釈)

「粗雑な対応」という言葉は相手の行動を指摘・注意する際は便利な言葉です。

しかしマイナスイメージを含めて使われるため、使い方を間違えるとトラブルにもなりえます。

そのためどのような使い方が適切か、例文とその解釈を紹介していきます。

「粗雑な対応」の例文1

「職場の人に『あの人は仕事に対していつも粗雑な対応をとっている。 そのうち大きくミスをすると思う。』と話した」

この場合、あの人とされる人物の行動に対して使われています。

普段から仕事を丁寧に行わずに雑に扱っており、いずれそれが大きなミスにつながるのではと危惧していることを伝えています。

「粗雑な対応」の例文2

「友人に対して『あの人にお願いしてもきっと粗雑な対応をすると思うからやめておくよ』と答えた」

ここでは誰かにお願い事を抱えているが、「あの人」とされる人物には頼まないと伝えています。

その理由として、もしお願いしても望む結果には至らない・十分に対応してもらえないと普段の様子から予想し、「きっと粗雑な対応をする」と判断しています。

「粗雑な対応」の例文3

「上司が『初めのころは大目に見ることもあったが、最近の彼の粗雑な対応にはいつも頭を悩まされるよ。』と相談してきた」

この場合、彼とされる人物は普段から粗雑な対応をとっています。

そしてそれに対して振り回されることに頭を抱えており、どうにかできないか部下に相談しています。

「粗雑な対応」の例文4

「私は昔は気性が荒く、何事も粗雑な対応をとっていました。 しかしトラブルが続き、このままではいけないと変わるようになりました」

この場合、粗雑な対応と過去のこととされています。

しかし粗雑な対応が続くことでトラブルになったことがきっかけで、変わるきっかけとなりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典