スポンサーリンク

「精一杯頑張ってください」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「精一杯頑張ってください」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「精一杯頑張ってください」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「精一杯頑張ってください」とは?意味

「精一杯頑張ってください」は、対象となる人物が持てる限りの力を出し切り頑張ることを強要する場合用いる表現です。

つまり、受験生たちに使用した場合は、受験に挑むうえで自己が持つ力を持てる限り出し尽くすよう強要することを意味します。

なお、くださいは敬語に当たるため、強要に当たるのではという問題ですが、この場合、使用例によって異なり、多くは目上の者が下の者に対して力を出し切るように言う場合、命令や、強要となるが故、「精一杯頑張ってください」は敬語でありつつも強要を含むのです。

「精一杯頑張ってください」の概要

「精一杯頑張ってください」という言葉は、励ましであるととらえるか、単に気休めで頑張るように進言しているか、果ては、頑張り、結果を出さないとどうなるかわからないぞ、という具合に強要であるととらえることがあります。

何故、そのように言葉が様々な思惑を意味する言葉になるがですが、「精一杯頑張ってください」「頑張ってください」の部分が目上の方が使用した場合、様々な意味に取ることができその一部の中に強要をする言葉に聞こえることや、対象となる人物に気休めで言っていると聞こえるのです。

その為、この言葉は、馬鹿正直に受け取れば、励ましであり、丁寧な応対で努力し、結果を良いものにするよう述べていますが、悪い方向に受け取れば、君の実力ではよい結果は出ないが気休めで努力するよう進言したと受け取ることもあり得る言葉がこの「精一杯頑張ってください」になります。

「精一杯頑張ってください」の言葉の使い方や使われ方

「精一杯頑張ってください」は、相手を励ましてかつ全力で取り組むように促す場合に使用します。

目上の人物が使うのが望ましく、目下のものが目上の者に対して使用した場合、かなり上から目線で命令型の物言いになりますので適した言葉ではないです。

「精一杯頑張ってください」の類語や言いかえ

「精一杯頑張ってください」の類語や言いかえは、「力いっぱい頑張ってください」が類語や言いかえに相当します。

まとめ

「精一杯頑張ってください」は実は敬語でありながら命令を貸すタイプの言葉であるため、絶対に目上の方に使用する言葉ではないです。

目下のものが目上の者に奮闘を検討する場合、「ご成功をお祈りしています」や、「信じています」だけで実は目上の方に奮闘して頂く言葉となります。

その為、よく目上の方が、頑張ってくださいと言われると憤慨するのは、この言葉は実は命令であるが故であると言ってよいです。

命令できるタイプの人間であれば、この「精一杯頑張ってください」は励まし及び命令であっても問題ないのですが、そうではない人間が使用した場合、果たして、自分の方が格上である人間はどう思うかがこの言葉の使用方法の難しい所になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典