「精度」と「感度」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「精度」と「感度」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「精度」「感度」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「精度」とは?

「精度」の意味と使い方について紹介します。

「精度」の意味

「精度」「せいど」と読みます。

意味は「測定をする時、或いは機器類の動作の正確さの度合いのこと」「仕事などの正確さの度合いのこと」です。

「精度」の使い方

「精度」とは、一つの作業において、どこまで正確にできるかという度合いを表す言葉です。

工学は科学などにおいては、その値が許容できる範囲であることを意味します。

「精度」は日常的にも使われる言葉で、ビジネスで「精度の高い仕事をする」と言えば、正確で目的を達成できる様な結果が出る仕事のことを言います。

営業など行動で示す仕事よりも、ITやエンジニアなどの仕事に使われます。

また、ゲームなどで正確性を競う様な仕様になっているものに対しては「高精度ゲーム」と使うこともあります。

「感度」とは?

「感度」の意味と使い方について紹介します。

「感度」の意味

「感度」「かんど」と読みます。

意味は「他から受ける刺激に反応する度合い」「受信器や測定器などが、電波をとらえる度合い」「写真やフィルムなど、感光材が反応する度合い」です。

「感度」の使い方

「感度」は主に、あるものに刺激を与えた時に、それに反応する度合いのことを言います。

例えば、ちょっと他人と肩が触れただけでびっくりしたり、用事があってトントンとつついただけでも「痛い」「くすぐったい」と飛び跳ねてビックリする様な人に対して使われます。

また、科学や工学では、センサーや受信機などが、弱い電波でも的確に捉える場合に「感度がいい」と使います。

「精度」と「感度」の違い!

「精度」「一つの作業において、どこまで正確にできるかという度合」です。

「感度」「あるものに刺激を与えた時に、それに反応する度合い」です。

まとめ

今回は「精度」「感度」の違いをお伝えしました。

「精度は正確さの度合い」「感度は反応する度合い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典