スポンサーリンク

「精算」と「清算」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「精算」と「清算」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「精算」「清算」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「精算」とは?

「精算」「せいさん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ある金額について細かく計算すること」という意味で、ある一つのものごとに関わる入出金について細かく計算して明らかにすることを言います。

2つ目は「料金の過不足を計算し直すこと」という意味で、未払いや過払いがある時に、きちんと計算して合わせることを言います。

上記に共通するのは「細かく計算する」という意味です。

「精」「念入りで細かい」「詳しい」という意味、「算」「数えること」という意味、「精算」「念入りに細かく数えること」になります。

「精算」の使い方

「精算」「ある金額について細かく計算すること」「料金の過不足を計算し直すこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「精算する・した」と使われたり、副詞として「精算して」と使われたりします。

基本的に、あるものごとについて、仮払いや入出金を細かく計算して、過不足があれば調整する時に使われる言葉です。

「清算」とは?

「清算」「せいさん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「お互いの貸し借りを計算して、けりをつけること」という意味で、お金の貸し借りを計算して少なければ支払い、多ければ返金してもらうなどして終わらせることを言います。

2つ目は「組織が解散した時に、財産を整理すること」という意味で、倒産や解散した際に、会計的な処理をすることを言います。

3つ目は「これまでの関係や因縁に決着を付けること」という意味で、過去の良くないことを終わらせることを言います。

上記に共通するのは「ある関係を整理すること」という意味です。

「清」「はらいきよめる」「きれいに片付ける」という意味、「清算」「きちんと数えてきれいに片付けること」になります。

「清算」の使い方

「清算」「お互いの貸し借りを計算して、けりをつけること」「組織が解散した時に、財産を整理すること」「これまでの関係や因縁に決着を付けること」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「清算する・した」と使われたり、副詞として「清算して」と使われたりします。

基本的に、ある関係をスッキリと整理したり、断ち切ることを表す言葉で、お金以外のことにも使われます。

「精算」と「清算」の違い

「精算」「あるものごとについて、仮払いや入出金を細かく計算して、過不足があれば調整すること」という意味です。

「清算」「ある関係をスッキリと整理したり、断ち切ること」という意味です。

「精算」の例文

・『旅費の精算は複雑で面倒臭い』

・『電車の乗り越し精算をした』

・『今回のイベントの精算書を作成した』

・『ホテルのチェックアウト時に雑費も含めて精算した』

「清算」の例文

・『彼はとうとう借金を清算した』

・『会社が倒産して清算に入った』

・『不倫相手との関係を清算したい』

・『過去に清算できない程の失敗をやらかしている』

まとめ

今回は「精算」「清算」について紹介しました。

「精算」「細かく計算して調整する」「清算」「関係を整理する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典