スポンサーリンク

「精通している」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「精通している」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「精通している」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「精通している」の意味

精通しているというのはある事に詳しい人を指す言葉として使われるものです。

ある分野で一目置かれるような人がいる時に使用されます。

「精通している」の解説

精通しているというのはある物事について通常の人よりもかなり詳しい人を指す言葉となります。

ただ、精通しているという言葉を使う時には少し気を付けないといけないのが単に何かを知っているくらいでは精通しているとは言えないといった点です。

精通していると言えるのはちょっと人よりも詳しいというだけではなく、ある分野について相当知識があり、普通の人がみんな感心するレベルで深い知識を持っているような人を指す言葉となるのが精通しているという言葉となるので注意しないといけないです。

この精通しているという言葉はいくら話す本人が詳しいと思っていても周囲からそう思われていない時は精通しているとはなりません。

あくまで周囲からの評価でこの人物が特定の分野について深い知識があると思われた時に使うのが精通しているという言葉になるので、周囲からの評価でそのように言われるか決まります。

「精通している」の使われ方

精通しているの使われ方はある特定の分野について詳しく知っている状態を指す言葉で、使われ方としては例えば友人同士でアイドルに付いて話をしている時にかなりマイナーな事を知っているような人がいた時に「こいつはアイドルに精通している」といった感じで使われます。

また、精通しているという言葉が使われるのは必ずしもある人物が特定の分野について話して詳しいと思われる時だけでなく、仕事をしている時にてきぱきと仕事をこなして周囲が驚くような時にも使われる事があるのが精通しているという言葉の特徴です。

例えば仕事をしている時に1人だけ機械を使いこなしているような時で「この人は機械に精通しているからすごい」といった具合に褒める時にも使います。

「精通している」の例文

・『いつもゲームが好きで遊んでいる彼はゲームに精通している』

・『彼は海外に精通しているから、海外の事は彼に聞けば良い』

・『彼女はブランド品に精通しているからブラド品の良し悪しは彼女がすべて分かっている』

・『彼は変わった趣味を持っているから特殊なことに精通している』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典