「糞コテ」とは?!2ちゃん用語の意味を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「糞コテ」とは?

「糞コテ」とは、「匿名掲示板で個人が特定できるハンドルネームを使う、自己顕示欲の強い人に対して使われる言葉」という意味です。

主に2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で使われている言葉で、通常匿名掲示板は、ハンドルネームで投稿ができるのですが、わざと目立つハンドルネームで投稿したり、ハンドルネームに成りすまし防止の為のトリップを付けている人がいます。

その様な人を罵倒したり、「いい加減にしろ」という意味で「糞コテ」が使われるのです。

「糞コテ」の概要

「糞コテ」の由来や関連語について紹介します。

由来

「糞コテ」の由来は「糞のような固定ハンドルネーム」からきています。

掲示板に投稿する時に、必ず自分の投稿であるということを目立たせる為に、固定ハンドルネームを使ったり、更には「トリップ」と呼ばれるパスワードが必要はハンドルネームを使い、他のユーザー達を不快にさせるコメントを投稿することから「糞」と呼ばれています。

「コテハン」とは

「糞コテ」の関連語に「コテハン」があります。

「コテハン」とは「固定ハンドルネーム」の略語で、同じ人物の投稿であることを知らせる為に使われます。

本来正々堂々と自分の意見を述べる為に使われたものですが、悪質な使い方をする「コテハン」が増えてきた為に、ネット上で問題視されることもあります。