「紅生姜」と「ガリ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「紅生姜」と「ガリ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「紅生姜」「ガリ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「紅生姜」とは?

「紅生姜」の意味と概要について紹介します。

「紅生姜」の意味

「紅生姜」「べにしょうが」と読みます。

意味は「生姜を梅酢に漬けた食べ物のこと」です。

「紅生姜」の概要

「紅生姜」は、生姜を梅酢に漬けた食べ物のことで、赤い色は梅の色です。

更に赤みを加えたい時には「赤しそ」を加えて漬けます。

基本的に砂糖を加えない為に、すっきりと爽やかな酸味と辛みがあります。

「紅生姜」は、細切りにしてお好み焼きやたこ焼きに加えたり、牛丼やラーメンの薬味として使われています。

「ガリ」とは?

「ガリ」の意味と概要について紹介します。

「ガリ」の意味

「ガリ」は、「寿司用語で生姜を薄くスライスして、砂糖と穀物酢、塩に漬けて味を付けた食べ物」です。

「ガリ」の概要

「ガリ」「生姜の甘酢漬け」とも呼ばれ、生姜を薄くスライスして、穀物酢に砂糖と塩を加え漬け込んだ食べ物です。

元は寿司屋で出される薬味の一つで、独特の甘みと辛さが食欲をそそります。

由来は食べる時に「ガリガリ」と音が出ることから付けられたという説と、生姜を薄切りにする時に「ガリガリ」とすることから付けられたという説があります。

寿司職人が使う業界用語だったのですが、現在では日常的に使われる様になっています。

「生姜」には「新生姜」「古根(ひね)生姜」とがあり、「ガリ」には柔らかい「新生姜」の方が向いています。

「紅生姜」と「ガリ」の違い!

「紅生姜」「生姜を梅酢に漬けた食べ物のこと」です。

「ガリ」「寿司用語で生姜を薄くスライスして、砂糖と穀物酢、塩に漬けて味を付けた食べ物」です。

まとめ

今回は「紅生姜」「ガリ」の違いをお伝えしました。

「紅生姜は梅酢に漬けたもの」「ガリは穀物酢に砂糖と塩を加えて漬けたもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典