スポンサーリンク

「純真無垢」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「純真無垢」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「純真無垢」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「純真無垢」とは?意味

「純真無垢」は、心がきれいなことで、穢れていないことを意味します。

その上で、純真も無垢も実は同じ意味で両者の言葉は穢れない色であることを意味します。

なお、「純真無垢」には、反対後はあらず、別々の言葉であれば反対語があり、例えば、純真は不純が反対語に当たり、無垢が邪悪や邪念が反対語です。

「純真無垢」の概要

「純真無垢」は要は、物の考え方が清らかな人物であるか何も知らない人物のことを指すため、該当する人物は赤ちゃんが人物として該当します。

逆に大人は、だんだんと知恵をつけてくると楽をしようと扮装したり他者を騙そうと扮装することから、「純真無垢」というよりは邪悪そのものです。

この邪悪な心がない状況を「純真無垢」といいますが、これは、大人の場合、ほぼ不可能で神に従う人物ですら戒律を破り「純粋無垢」で居続けることは事実上不可能です。

その為、「純真無垢」は赤ちゃん化子供を指すのは大人は魂が穢れているためになります。

「純真無垢」の言葉の使い方や使われ方

「純真無垢」は、物事を何も知らず、穢れてない心の持ち主のことを指すために使用し、該当する人物は赤ちゃんです。

「純真無垢」を使った例文

・『純真無垢なのかどうか分からない』
この例は、対象者が本当に何も知らないでいることなのかわかっていないふりをしているのか分からないという例です。

その上で、「純真無垢」は心がきれいなことであるため、この例は、対象の心がきれいなのか演技で知らないふりをして心がきれいであると装っているのか分からないという例になります。

・『純真無垢は馬鹿な人物のことを指す』
この例は、物事を何も知らず、かつきれいなことしか知らない人物は馬鹿であると諭した例です。

「純真無垢」は心がきれいであるが故、悪人と対峙した際、綺麗な世界しか知らないが故、馬鹿正直でありつまりは馬鹿だと言ってのけています。

要は心がきれいであるというだけでは、世の中を渡ることはできないということです。

まとめ

「純真無垢」は、事実上大人は該当せずその理由は生きるうえで大人は邪悪に染まり平気でうそをついたり盗みをしたり、自己を正当化して他人を蹴落としたりと悪そのものです。

逆に善人でいると善人の物でもいつか悪人に代わるのが人間で、善悪がない物は、赤子が該当し、赤ちゃんの実が事実上「純真無垢」で悪でも善でもありません。

その為、真なる「純真無垢」は悪でもなければ善でもない人物を意味します。

ただ、大人になると善と悪、どちらかに属して活動し、中間で活動するにおいては善と悪の両方の肩を持つが故善や悪のどちらの味方にもなるため、言い方を悪く言えば、損得勘定で動く悪人であると言い切れます。

よって「純真無垢」は生まれた間もない世間を知らない人物のみを意味する言葉で、大人に対しては、まず純真や、無垢でいようはずがないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典