スポンサーリンク

「純粋」と「純情」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「純粋」と「純情」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「純粋」「純情」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「純粋」とは?

「純粋」には、いくつもの意味があるのですが、日常生活で「純粋」というときには、主に3つの意味で使用されています。

1つめは、まじりけがないことです。

液体や気体など単一のものに、別のものが入っていないことを意味します。

2つめは、邪念や私欲のないことです。

邪念はよこしまな考えを意味し、私欲は自分一人だけの利益を考えることを意味します。

3つめは、そのことだけをいちずに行うこと、ひたむきなことです。

他を考えないで、そのことに打ち込むことを意味します。

「純情」とは?

「純情」は、邪念や邪心が一切なく、素直でけがれがないことや、その心を持っていることです。

純真には、心にけがれがないことという意味があります。

けがれは汚れと漢字で書き、清潔さや純粋さを失うことを意味します。

「純粋」と「純情」の違い

「純粋」にはいくつもの意味がありますが、「純情」と混同されがちな意味は、邪念や私欲のないことという意味です。

よこしまな考えや自分一人だけ利益を得ようという考えを持っていないことをいいます。

「純情」は心にけがれがないことです。

どちらの言葉も邪念がないという意味が含まれており、2つの言葉はほぼ同じ意味を持っています。

しかし、「純粋」には他の意味もあるので、この点が「純情」と違います。

まとめ

どちらも邪念がないことを意味する言葉で、ほぼ同じ意味を持っています。

「純粋」は他にも意味があるので、うまく使いわけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典