「紙チケット」と「電子チケット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「紙チケット」と「電子チケット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「紙チケット」「電子チケット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「紙チケット」とは?

「紙チケット」の意味と概要について紹介します。

「紙チケット」の意味

「紙チケット」とは、「コンサートや映画の入場券、航空券などを、ネットやカウンターで予約したあと、発券したもののこと」です。

「紙チケット」の概要

「紙チケット」は、コンサートや映画など各種イベントの入場券や、航空券や乗車券など、ネットやカウンターで予約して、紙に印刷して発券したものを言います。

チケットカウンターやコンビニで発見して貰うこともあれば、郵送されてくることもあります。

「紙チケット」は、以前はアーティストやイベントによりデザインが異なり、チケットの半券だけでも記念に残るものでしたが、現在では発券スポットが増えた為に、デザインはほぼ統一されています。

当日はその「紙チケット」がないと入場できない、利用できないということがあり、紛失には注意が必要です。

「電子チケット」とは?

「電子チケット」の意味と概要について紹介します。

「電子チケット」の意味

「電子チケット」とは、「コンサートや映画の入場券、航空券や乗車券などを、データ化してスマホで管理するシステムのこと」です。

「電子チケット」の概要

「電子チケット」は、今迄「紙チケット」として発券していたものをデジタル化して、スマホでデータとして管理することを言います。

利用する当日に、会場の入り口に設置されている読み取り機にスマホをかざして入場します。

「電子チケット」は、いちいち紙に印刷する必要がなく、環境に優しいというメリットがあります。

また、スマホを持っていれば紛失する心配もなく、入場整理もスムーズになり、人件費が節約できるのです。

最近では偽造や転売防止対策も普及してきて、より公平性のあるサービスが期待できます。

「紙チケット」と「電子チケット」の違い!

「紙チケット」「チケットをネットやカウンターで予約したあと、発券したもののこと」です。

「電子チケット」「チケットをデータ化してスマホで管理するシステムのこと」です。

まとめ

今回は「紙チケット」「電子チケット」の違いをお伝えしました。

「紙チケットは印刷したもの」「電子チケットはスマホで管理」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典