スポンサーリンク

「紙面」と「書面」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「紙面」と「書面」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「紙面」「書面」だと一見すると同じように文字が書かれているという事もあって同じようなものだと思いがちですが、そうではないです。

「紙面」「書面」ではその意味は大きく異なります。

その違いを説明したいと思います。

スポンサーリンク

「紙面」とは?

「紙面」というのは新聞紙の記事に記事などを指す言葉です。

また、新聞だけでなく週刊誌のに書かれた記事も「紙面」と呼びます。

なので「紙面」とは単に紙の上に書かれた文字に対して当てはまるものではなく、記事などを印刷する面の事を「紙面」と呼びます。

「紙面」という文字だけを見るとなんとなく紙の上に文字が書かれていたら「紙面」と呼んでも良いように感じるかもしれないですが、そんな事はないです。

新聞紙などの記事を書く面の事を「紙面」と言います。

「書面」とは?

「書面」というのはその名の通り書を書く面を指す言葉です。

「書面」というのは新聞紙等の記事を書く面ではなく、手紙や契約書などを書く面の事を「書面」と呼びます。

なので、「書面」というのは新聞等の印刷された文字を記載するような場合でなく主に手書きで文字を書く面の事を「書面」と言います。

「紙面」と呼んでも意味が伝わらない事はないですが、手紙や契約書の文書を書く面を指す言葉として一般的なのは「書面」という事になります。

「紙面」と「書面」の違い

「紙面」「書面」の一番の違いはやはり印刷物が個人が交わす文書かという違いがあります。

なので、「紙面」という言葉を使う時は主に書籍や新聞紙の印刷面を指します。

「書面」というのは個人が交わす手紙の文字を記載する面を指すといった感じになります。

まとめ

「紙面」「書面」も文字が記載される面という点では同じですが、「紙面」は商業物に文字が印刷される面で「書面」は個人がやり取りする際に書く内容といった感じでかなり意味が違ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典