スポンサーリンク

「紛争」と「戦争」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「紛争」と「戦争」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「紛争」「戦争」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「紛争」とは?

「紛争」は、国家間同士で争いになることですが、大規模な戦闘行為を起こさずに済んでいる状態です。

大規模戦闘とは、軍隊を大量投入しての戦闘行為のことを指します。

なお、大規模な軍隊を導入しての国家間の戦闘行為は、呼び方が変わり、「戦争」となります。

「戦争」とは?

「戦争」は、国家間で軍事力となり得る物同士が大量にぶつかり合うことで、軍隊が使用する兵器の他にも電子兵器というインターネット回線を用いて他国の経済をマヒさせる方法も「戦争行為」とみなされます。

つまり、「戦争」とは、差し向けた側がはっきりわかっている場合、手段に関係なく、「戦争」と呼び、たとえ軍隊同士がぶつかっていなくとも国家同士で軍事力となり得るものが大量にぶつかれば、「戦争」です。

「紛争」と「戦争」の違い

「紛争」「戦争」の違いですが、大規模な軍隊を導入して戦闘行為を行うかと、結果的に侵略となるかどうかです。

実は、過去の事例では、「戦争」は相手の国を侵略するという目的もあり、勢力拡大の他属国とするなどが目的ですが、「紛争」は、そうではなく、単純に両国の仲の悪さが露呈しているだけになります。

「紛争」の例文

・『国家間の紛争に巻き込まれ家族はバラバラになった』

この例は、国家同士が仲が悪いが故、両国は戦闘行為を繰り返しその結果家族はバラバラになってしまったとする例です。

「紛争」は、侵略を伴うこともありますが、それらは稀で、単純に国家同士の仲が悪いが故、どちらが立場上、上であるかという名目だけでも十分争いに発展します。

「戦争」の例文

・『戦争の結果、10万バレルもの石油を確保した』

この例は、「戦争行為」を侵略としている例になります。

実は、「戦争」は、両国の間側の悪さが露見した上で相手の資源を横取りしようということも含め、「戦争」という手段を取ることがあります。

というのも、戦争は手段の一つで、両国の問題が解決できない場合、最終手段で相手国をつぶす以外に属国にするほか、欲しい物を奪うことも「戦争」に含まれているのです。

まとめ

「紛争」「戦争」の違いは、分かりやすく言えば、流れる血の多さです。

「紛争」は大規模な戦闘行為ではないので、一回の戦闘行為で流れる血は少ないです。

しかしながら、「戦争」になると話は別で、相手の国を屈服させる意味合いが強くなるため、手段を選ばないです。

その為、何百発とミサイルを撃ち込み、民間人をも巻き込んだとしてもそれは、相手に勝つ手段として適切であると判断されます。

もちろん、国際社会は行為自体は非難をしますが、国際社会も実は自分の身に置き換えた場合、人のことは言えない可能性もあり、あまり強く非難しない国家が存在するのはこうした理由からです。

なお、「戦争」が一番悲惨な戦闘行為である理由は、手段を選ばなくなる点で、一つの国家が核兵器を使用した場合、周辺国もおそらく核兵器を自分が嫌いな国に向け放つとされており、その理由は、「戦争」こそが、恐怖という概念で世界中に広がる行為であるが故、収拾がつかなくなるが故に抑制すべき行為なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典