スポンサーリンク

「経済」と「政治」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「経済」と「政治」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「経済」「政治」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「経済」とは?

「経済」は、お金という消費または貯蓄に回せるものを社会全体で消費したり貯蓄することで商品やサービスなどを円滑に回すシステムのことで、お金があって初めて成立します。

なお、映画、スタートレックでは、「経済」とはすでにお金を消費する必要性が無くなり、社会奉仕をしてどれだけ自分が社会に貢献したかにより自己の権限が高くなるという物へと置き換わっています。

「政治」とは?

「政治」は、国を治める人物がルールを作り国民に対してルールに従わせることで機能します。

その上で「政治」は、一応人間は平等であることを目指して機能する必要性があり、犯罪を犯したものを公正にさばく際の目安を作るのも「政治」の役割で交通の面で不便を強いるエリアに対してインフラを整えるのも「政治」です。

「経済」と「政治」の違い

「経済」「政治」の違いはシステムそのものが違い、「経済」はお金という今現在絶対的に価値がある物があって成り立ちお金を消費することで何かが生まれたり消滅することです。

「政治」は単に、社会のルール作りで公平な社会を作り上げるために機能しているシステムになります。

「経済」の例文

・『経済崩壊』
この例は、お金を消費もしくはお金の貯蓄の意味が無くなり、もはやお金があってもどうしようもない状態になったということです。

何故、お金という価値あるものが無価値になるかですが、これはサービスや商品を提供する側が先に崩壊した場合、サービスや商品を提供する者がいなくなるためです。

こうなりますと、お金はあっても使う場所が無くなるということになります。

「政治」の例文

・『悪政政治』
この言葉は、「政治」という公平性の象徴が悪い方向に向かっていることを指します。

つまり、公平性が無くなり弱者に対して辛く機能する社会のルール作りに移行したということです。

この場合、市民が暴徒化することもあり得、その理由は誰が得をして損をするかの中に市民という物が組み込まれ市民側が損をするとはっきり分かれば、市民は暴徒になり得るのです。

まとめ

「経済」「政治」の違いは、システムそのものが異なり、経済はお金があって成立しますが、実はお金だけがあってもお金を消費する先が無くなりますと機能を失います。

この状態を「経済崩壊」と呼び、要はお金を消費する先が無くなるのです。

一方、「政治」のシステムは」市民に対して公平性を与えるのが正しいシステムになるのですが、不公平を生むが故、「政治」においては革命という物が起きることもあり、革命は「政治」で取り決めたシステムそのものを破壊し覆すことに当たります。

その上で、「政治」に公平性が無くなる理由は、どこから税金を搾取するかを考えた場合、もしくは誰に恩を売れば政府が得をするかを考えた場合、不公平が生じてしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典