スポンサーリンク

「経済学」と「経営学」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「経済学」と「経営学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「経済学」「経営学」はとても良く似ていますが、どのような点が違うのでしょうか。

詳しく説明します。

スポンサーリンク

「経済学」とは?

「経済学」とは、経済の仕組みを研究する学問です。

経済とは、お金の取引が発生する活動全般のことを指します。

「人、モノ、金、情報、時間」などの限られた資産を、社会全体が豊かになるためにはどうしたらいいのかを追求していきます。

「経済学」の対象は多岐にわたりますが、ミクロとマクロの視点があり、ミクロは、家計や企業などが対象で、マクロは、国家レベルでの経済全体の動きを対象としています。

「経営学」とは?

「経営学」とは、企業が事業を営むことについて研究する学問です。

研究対象は、ほとんどが企業についてですが、病院や軍隊、学校などの組織を扱うこともあります。

「経営学」も、経済について学ぶことなので、「経済学」に含まれます。

効率的な組織運営を考える、実践的な学問だといえます。

経営学の大学院修士課程を修了すると、経営学修士(MBA)が与えられます。

「経済学」と「経営学」の違い

「経営学」「経済学」に含まれます。

「経済学」が経済全般を対象としているのに対し、「経営学」は、主に企業や組織を管理したり運営したりするための方法を研究する学問です。

まとめ

「経済学」「経営学」は、研究する対象と、研究する目的が違います。

より大きな範囲を研究するのは「経済学」、経営に対象を絞って研究するのは「経営学」といえるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典