スポンサーリンク

「経験を生かす」と「経験を活かす」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「経験を生かす」と「経験を活かす」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「経験を生かす」「経験を活かす」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「経験を生かす」とは?

「経験を生かす」は経験を生き永らえさせることにあり、次に活用することです。

つまり、いま経験したことを次に生かすことを重要とする場合、「経験を生かす」とします。

「経験を活かす」とは?

「経験を活かす」は、経験したことを活用して何かの役に立たせることです。

つまり、活かすは、知識や経験を吸収し、それらを別の何かに活用することに重きを置いています。

「経験を生かす」と「経験を活かす」の違い

「経験を生かす」「経験を活かす」の違いは、知識や経験などをそのまま再度有効利用するか、別のことに役立たせようとするかどうかです。

生かすはあくまで今現在の知識や経験を利用することにあり、同じことを繰り返して成功としますが、活かすは別のことにも活用し、成功を収めることになるため、広い意味で成功を収めたとするのは、「経験を活かす」側です。

「経験を生かす」の例文

・『期待に添えるようこれまでの経験を生かすことを誓います』

この例は、期待をかけられている物がこれまでに経験した知識を再利用して期待にそうことを誓うという例です。

「経験を生かす」は、これまでの経験や知識を再利用することにあるため、この例では、知識や経験を再利用して期待に応えるとしています。

・『経験を生かすことは難しい』

この例は、自分の知識や経験を再利用して成功を収めるのは難しいという例です。

「経験を生かす」は、知識の再利用や経験の再利用であるため、それらが難しいと嘆いた例になります。

「経験を活かす」の例文

・『スマホゲームの開発会社は、パソコンゲームのプログラマーだった経験を活かすことができる職場だ』

この例は、前の職場の仕事がパソコンゲームのプログラマーだった経験を活用して別のスマホゲームという開発に活用できたという例です。

「経験を活かす」は、これまでの経験や知識を別のことに活用することであるため、パソコンとスマホのゲームは同じ仕事であるかに思われるでしょうが、スマホとパソコンのゲームは別物だという考えでそれらの知識を生かせる職場であることを述べています。

・『経験を活かすことは難しい』

この例は、自分の経験や知識を別のことに活用する難しさを投げていています。

「経験を活かす」は、知識や体験を別のことに利用することにあり、それらが難しいとした例です。

まとめ

「経験を生かす」「経験を活かす」の違いは、知識や体験を再利用するか別のことに活用するかです。

生かすは、再利用で、活かすは別のことに知識と経験を活用することと考えれば違いは明らかになります。

なお、両者は同じであるという考え方もありますが、生かすという言葉は次につなげるという意味合いで、活かすは別のことに応用することを指しますので実際には違いが存在しており使い分けが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典