スポンサーリンク

「給電」と「充電」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「給電」と「充電」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「給電」「充電」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「給電」とは?

必要に応じて電力を与えることです。

現在の日本では、電力がないと生活をするのが難しいです。

冷蔵庫は電力が与えられることで動いています。

冷蔵庫がなければ、肉や魚などの保存が難しくなってしまいます。

肉や魚が腐らないうちに食べなければならなかったり、毎日のように買い物に行かなければならなかったりすることになります。

仕事ではパソコンなどの電気製品を使うことが一般です。

電力が与えられないと、これらを使用することができません。

データ入力も、製品の製造もできなくなってしまいます。

家電製品を使用する、仕事で機械を使用するなどのためには、電力を与えられる必要があります。

このような必要な電力が与えられることを「給電」といいます。

「給電」の使い方

プラグをコンセントにつないで電力を受け取るという意味で使用することは少ないです。

災害時に車から電気を供給してもらう、USBで電気を供給するといったことに使用されています。

「充電」とは?

「充電」には2つの意味があります。

一つは、蓄電池や蓄電器に外から電流を流して、エネルギーを蓄えることです。

携帯電話にはバッテリーが内臓されており、ここに電気エネルギーが蓄えられています。

携帯電話を使用すると電気エネルギーが減っていきます。

蓄えられていた電気エネルギーがなくなってしまうと、携帯電話を使えなくなります。

普段誰かと連絡をするために携帯電話を利用している人は多いことでしょう。

使えなくなってしまうと、さまざまな面で支障がでます。

そのため、常に使用できるようにバッテリーに電気エネルギーを蓄えておきます。

携帯電話とコンセントをつなぎ、バッテリー内に電気を流して蓄えます。

この行為が「充電」です。

携帯電話以外のことについてもいうことができます。

もう一つの意味は、人が元気よく動くためのエネルギーを蓄えることです。

「休憩をして充電する」「充電期間」のような使い方をします。

次に何かをするための活力を蓄えることを指しています。

「充電」の使い方

エネルギーを蓄えるという意味で使用をします。

電気のエネルギーや人間の活力についていいます。

「給電」と「充電」の違い

2つの言葉は電気に関係している点は同じですが、意味は異なります。

「給電」は電力を与えることです。

「蓄える」という意味は含まれていません。

「充電」は電気エネルギーを蓄えることです。

電気だけでなく、人間が動く元気のエネルギーを蓄えることもいいます。

「給電」の例文

・『非常時でも給電が可能です』
・『給電できます』
・『給電設備を整える』
・『コンセントから給電する』

「充電」の例文

・『10時間の充電が必要』
・『おいしいものを食べて充電できた』
・『しばらく充電が必要だろう』
・『ここで充電しないでください』

まとめ

電気に関係する2つの言葉ですが、一方は供給すること、もう一方は蓄えることで、意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典