スポンサーリンク

「絶望」と「失望」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「絶望」と「失望」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

生きていると「絶望」したり、「失望」したりすることがあります。

この記事では、「絶望」「失望」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「絶望」とは?

「絶望」とは、希望を失うことです。

希望には、あることが現実になるように願うことという意味があります。

「望」という漢字は、ねがう、まちのぞむという意味を持っています。

「絶」という漢字には、たえる、とぎれるという意味があります。

つまり、「絶望」は、願っていたことが断たれてしまうこと、待ち望んでいたことが断たれてしまうことという意味になります。

人によって「絶望」するときは違いますが、難病になったとき、失恋したとき、リストラされたときなどに「絶望」を感じる人が少なくないようです。

主に自分自身に対して使われます。

「失望」とは?

「失望」とは、期待がはずれてがっかりすることや、そのさまのことです。

期待していたような価値がないとわかったという意味を含みます。

「失」という漢字には、うしなう、なくすという意味があります。

他人に対しても自分に対しても使える言葉で、他人に対しては「君には失望したよ」といった使い方ができ、自分に対しては「こんな自分に失望した」といった使い方ができます。

「絶望」と「失望」の違い

どちらも何かを失うことという意味が含まれています。

「絶望」が失うものは希望です。

願っていたものが失われてしまうようなことを意味しています。

「失望」が失うのは期待です。

価値がなかったとわかるという意味が含まれていて、「絶望」よりもがっかり度が低いです。

「絶望」の場合は、がっかりよりももっと程度が大きくあります。

まとめ

どちらも何かを失っていますが、何を失っているのか意味するものが違う言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典