スポンサーリンク

「絹」と「綿」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「絹」と「綿」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「絹」「綿」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「絹」とは?

「絹」には2つの意味があります。

ひとつは、蚕から採取できる繊維です。

蚕はチョウ目カイコガ科に属する昆虫です。

人間が世話をしないと生きていくことができず、野生のものは存在していません。

蚕はクワの葉を食べます。

人間がクワの葉を採取してエサとして与えます。

やがて蚕は繭を作ります。

繭の線維にはフィブロインとセリシンが含まれており、これらの成分によって強い糸になります。

繊維は1本の糸になっており、蚕をゆでて糸を取り出します。

「絹」のもう一つの意味は、絹糸から作られた織物です。

蚕から得た繊維はいくつかを合わせて絹糸にされます。

より合わせる糸の数は用途によって異なります。

太いものほど、何本もの糸が必要です。

この糸から織られたものが「絹」です。

「絹」には、滑らかな肌触りと光沢があります。

また、吸湿性・通気性・保温性にも優れています。

肌着やドレスなど、さまざまな用途に用いられています。

「絹」の使い方

絹糸を使った織物を指して使用することが一般的です。

「綿」とは?

「わた」「めん」と読みます。

「わた」と読んだ場合には2つの意味があります。

ひとつは、アオイ科ワタ属の植物です。

繊維作物として栽培されている植物で、日本に輸入されるものは主に中国、インド、パキスタン、アメリカなどで栽培されたものです。

果実は熟すと裂けて、種子に付着している白く長い毛が現れます。

この白いものを人間は利用しています。

もう一つの意味は、木綿綿、真綿、絹綿などの総称です。

織物、布団綿、中入れ綿などに用いられています。

「綿」を使用した織物は、吸湿性と保温性に優れています。

衣服、バッグ、帽子、タオルなどさまざまなものに用いられています。

「めん」と読んだときには、もめん、もめんわたを意味します。

木綿は、ワタの種子に付着している白く長い毛、木綿糸、木綿織りのことです。

「綿」の使い方

アオイ科ワタ属の植物から得られる白く長い毛や、そこから作られる木綿綿、真綿などのことを指して使用されています。

「絹」と「綿」の違い

2つの言葉が指すものは、どちらも衣服などに用いられています。

「絹」は蚕から得られる繊維です。

光沢と滑らかさがあることが特徴です。

「綿」はアオイ科ワタ属の植物から得られます。

光沢はありません。

どちらも天然のものです。

「絹」の例文

・『絹を使ったドレス』
・『絹の下着を身につける』
・『奮発して絹の洋服を購入する』
・『絹の肌触りが好きだ』

「綿」の例文

・『綿の栽培地を訪れる』
・『この衣服は綿をたくさん使っているから温かい』
・『綿100%で作られているタオル』
・『肌に触れる面には綿を使用しています』

まとめ

2つの言葉が指すものは衣服に使用されており、この点は共通していますが、何から得られるものなのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典