「緊張がほぐれる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「緊張がほぐれる」について

緊張がほぐれるという表現を聞いたことがあるでしょうか。

例えば試験を受ける時や面接を受けるときなど、緊張しますよね。

その緊張感から解放されることを緊張がほぐれるといいます。

ここでは緊張がほぐれるという表現について説明します。

「緊張がほぐれる」の意味とは

緊張がほぐれるという表現は緊張や焦りから解放され、心が穏やかになること、ものに対する警戒心が弱まること、を指しています。

例えばプレゼンをするときに緊張したけれど、プレゼンが終わって周りから評価され、緊張がほぐれるということがあります。

授業参観で緊張したけれど、お母さんから褒められて緊張がほぐれたという経験を持つ人もいるかもしれませんね。

「緊張がほぐれる」の言葉の使い方

緊張がほぐれるという表現はあらゆる場面で使える表現です。

緊張をほぐすという使い方もあり、緊張しているときにはどのようにしてリラックスするか、どのようにして緊張ほぐすか、ということが重視される場合もあります。

「緊張がほぐれる」を使った例文

ここでは緊張がほぐれるという表現を使った例文をいくつか紹介します。

「緊張がほぐれる」の例文1

「滑り止めで受けた高校が合格し、とりあえず緊張がほぐれました」

高校受験をする場合、一般的には私立を先に受験しますから、滑り止めの私立の合格が先に分かります。

公立に行けば授業料が無償になるということもあり、できれば公立に合格してほしいと思う親も多いことでしょう。

しかし、その一方で滑り止めがとりあえず合格すれば安心ですよね。

まだ試験が残っていても、とりあえず緊張がほぐれるのではないでしょうか。

「緊張がほぐれる」の例文2

「取引先の会社で交渉がスムーズに行ったため、少し緊張がほぐれた」

取引先の会社を訪れ、交渉しなければいけない場合、とても緊張しますよね。

どのような条件を突きつけられるのか、こちらからの交渉を飲んでもらえるのか、想像がつかない場合はなおさらドキドキするのではないでしょうか。

しかしその一方で最初から難しい条件を突きつけられなかったり、スムーズに交渉を受け入れてもらえたりすると緊張がほぐれるかもしれません。

「緊張がほぐれる」の例文3

「アルバイトの初日で何とか仕事内容を把握でき、緊張がほぐれた」

新しいアルバイトを始めるとなるととても緊張しますよね。

その一方で、出来る限り早く仕事を覚え、役に立ちたいと思うものです。

仕事は順番に覚えていけば良いからと言われたとしても、出来る限り早くマスターして一人前に動けるようになりたいですね。

もしも初日で仕事内容を把握できれば、大きな自信になるのではないでしょうか。

出来る限り早く仕事内容を覚えて活躍したいですね。

「緊張がほぐれる」の英語と解釈

緊張がほぐれるという表現を英語にすると“relax”など、リラックスするという意味合いの表現が使えます。

緊張がほぐれるという表現を直訳しても通じませんが、リラックスする、胸を撫で下ろす、といった英訳にすると問題ありません。

「緊張がほぐれる」の類語や類義表現

ここでは緊張がほぐれるという表現の類義語をいくつか紹介します。

「胸を撫で下ろす」

胸を撫で下ろすというのは安心する、安堵する、という意味であり、不安に感じていた物事が解決することを指しています。

緊張がほぐれるという意味合いとよく似た意味を持っています。

「肩の荷が降りる」

肩の荷が降りるという表現も今までの問題が解決して安心する、という意味を持ちます。

心配事がなくなって気持ちが落ち着く、心が落ち着く、という意味もあり、緊張がほぐれるという表現とよく似ていると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典