「美人」と「綺麗」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「美人」と「綺麗」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「美人」「綺麗」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「美人」とは?

「美人」の意味と使い方について紹介します。

「美人」の意味

「美人」「びじん」と読みます。

意味は、「容姿の美しい女性に対して使われる言葉」です。

「美人」の使い方

「美人」は、容姿の中でも特に顔立ちの美しい女性に対して使われる言葉です。

年齢が幼い場合には「美少女」と呼ばれ、男性に対して成人は「美男子」、年齢が若い場合は「美少年」「美青年」などと言います。

「美人」は、国や時代により基準が変わり、日本では「色白、細面、富士額、鼻筋が通っている、豊かな黒髪」などが美人の条件とされています。

ただし多くの場合は個人の主観により決められるもので、ある人が「美人だ」と思っても他の人から見ればそうではない場合もあります。

「綺麗」とは?

「綺麗」の意味と使い方について紹介します。

「綺麗」の意味

「綺麗」「きれい」と読みます。

意味は「色や形などが華やかで美しい様子」「姿や顔かたちが整っていて美しい様子」「音声が心地良く聞こえる様子」「よごれがなく清潔なさま」「清らかな関係」「整然としている様子」「残っているものがない様子」です。

「綺麗」の使い方

「綺麗」は数多くの意味がありますが、「美人」の類語として使われるのが以下の2つの意味です。

1つ目は「色や形などが華やかで美しい様子」という意味で、パッと見て華やかで洗練されていて、他の人との違いが際立って目立つ様子に使われます。

2つ目は「姿や顔形が整っていて美しい様子」という意味で、こちらは「美人」とほぼな時です。

つまり、「美人」よりも「綺麗」の方が、全体的なイメージも含めて他の人よりも優れている時に使われる言葉です。

また、女性だけではなく、男性や人以外の物にも使われることも多くあります。

「美人」と「綺麗」の違い!

「美人」「顔立ちの美しい女性のこと」です。

「綺麗」「顔立ちが美しい様子」「華やかで洗練されていて美しい様子」です。

まとめ

今回は「美人」「綺麗」の違いをお伝えしました。

「美人は顔立ちがいい」「綺麗は顔立ちも含めて全体が優れている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典