スポンサーリンク

「習う」と「勉強する」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「習う」と「勉強する」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、習うと勉強するの違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

習うとは?

習うとは、教わったことを何度も練習するという意味があります。

その習ったことを正確に繰り返して練習し、身に付けることが習うという意味合いもあります。

この習うものには、楽器の弾き方であったり、踊り方であったりと、自分が習って習得したいと思うものに対して使えます。

そして、よりうまく表現できるよう何度も繰り返し稽古するのも大切です。

また、勉強で使うときは「先生から習ったことを繰り返す」「習ったことを覚えよう」と使い、習得する意味で使えます。

師匠や教師などから正しく教えてもらい、知識を身に付けることを主に習うと言います。

勉強するとは?

勉強するとは、努力することを意味しています。

まだ身に付いていない知識を学習して習得する意味になり、教科書やテキスト、教師などから知識を教わり、習得します。

学校でテストがあればその前に勉強して、ある点数を採れば合格するわけです。

この勉強するには、ビジネスシーンにおいては勉強して商品の価値を下げるときにも使われています。

関西では客や取引先に対して「勉強させてもらいます」という意味でいかに値引きさせられるかによって相手との交渉をうまくできるようにするわけです。

そして、こちらにとっても問題なく値引きができたときは「勉強させてもらいました」と相手に伝えて、うまく商談をとるときに使える言葉になります。

他の使い方としては、「勉強すると眠気に襲われる」と、自分の状態を表すときにも使われています。

習うと勉強するの違い

習うと勉強するの違いを、分かりやすく解説します。

主に踊りや楽器など自分が習いたい趣味の知識を正しく身に付けるのが習うと表し、教科書やテキストなどから漢字や計算方法など学校で教わったことを習得するのが勉強という意味の違いがあります。

習うの例文

・ピアノを習うために教えるのがうまい講師がいる教室へ通うことにした。

・学校で習う英語と本場の英語とでは発音の仕方が違うので驚いた。

ピアノをうまく弾きたいときはより教え方がよく、知識が豊富な講師がいる教室へ通いましょう。

本場の英語を習いたいときは、外国人教師から習うのがおすすめです。

勉強するの例文

・私は猛勉強したことで偏差値の高い高校に受かった。

・○○さんにはいつもお世話になっているので勉強させて頂きます。

人よりも勉強することで、なかなか受からない難関校にも受かることがあります。

もう一つの使い方では、お世話になっているからこそ感謝の意味を込めて「価格を下げるために考えます」と気持ちを伝えられる言葉にもなるのです。

まとめ

英語も踊りも今やオンラインで習えるオンライン教室も増えていますし、通信教育で趣味を習う人も増えています。

スマホで勉強したり、パソコンを使って打ち方を練習するなど、自宅にいる時間が長いからこそ自分に合う勉強の仕方を探してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典