スポンサーリンク

「老い先長い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「老い先長い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「老い先長い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「老い先長い」とは?意味

「老い先長い」は、年を取ってから成長していくすえが長いことでいわば、大器晩成型の人生のことを指します。

逆に、「老い先短い」は、年を取ってから成長する要素がないことを意味し、これは、老人の場合、当たり前であると言え年をとっても成長する人物というのはごく稀です。

また、「老い先短い」は、残りの寿命が短いことも表しているため、老人となったものは寿命が短いことの表れでもあります。

「老い先長い」の概要

「老い先長い」は、通常は老人になった先は短命になるが故と老化によって成長しないことを意味するのですが、稀に老人となってから成長する人物の他、60歳当たりの年齢から長寿に至る人物もいたりと老いてからも人生が続くことから、人生は長い様を意味する言葉で、「老い先長い」という言葉を使用するケースはあります。

ただ、「老い先短い」よりも珍しいケースになるためあまり自分が年を取ってからも人生が長いことを意味し、自分が成長していく「老い先長い」という言葉を使用することは稀です。

「老い先長い」の言葉の使い方や使われ方

「老い先長い」は、自分の人生が年を取ってからも長く続くと確信している場合使用し、かつ年を取ってからも成長している場合も使用してもよいです。

「老い先長い」を使った例文

・『老い先長い人生だ、できることをやろう』
この例は、自分の人生がまだ続くと確信があり、自分で挑戦できることはすべてやろうという前向きな気持ちを示しています。

「老い先長い」は、人生が続くという確信があって、自分はまだ成長できるという確信があるが故、できることであればなんでもやろうという前向きな気持ちを持っているのがこの例です。

・『まだまだこれから、老い先長いが故まだ自分は成長できる』この例は、年を取りはしたが、まだ人生は続くうえ、自分は成長できるという確信があります。

故に、「老い先長い」という事情をプラスにとらえ自分を成長させようと強い意志を持っています。

まとめ

「老い先長い」は、老い先短いと比較した場合、あまり使用例がないように見えますが、案外と使用例はあり、人生が続くことを踏まえ、成長できることに確信がある人物であれば、「老い先長い」と呼び、自分は成長できる人物であると言い切れます。

逆を返せば、大抵の人物は老化とともにできることが減少していくというのが大抵で、若い時に何でもできるがだんだんとできなくなるのが普通の人間で、大器晩成型で年を得てから何でもできるようになる人物というのはすごくまれなケースです。

すごくまれでありますが、大器晩成型の人物という物は確かに存在するため、「老い先長い」とは大器晩成型の人物のことで年を重ねることで成長する人物のことを意味します。

その為、年を得てから色々なことにチャレンジする人物というのは、「老い先長い」という実感があるが故です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典